BONES (ボーンズ) -骨は語る- シーズン7 第9話~ あらすじ・感想

第9話 青い死体

あらすじ・感想

ゴミ集積場で青く染まった鳥がポトポト落ちて死亡し、その中に人間の頭蓋骨の一部もあった。遺体が発見され、被害者は30歳前後で死後20日くらい経過し、髪の毛が残っていなかった。

肉はほとんど残っていなかったが、カミールはアラストに舌を採取するように指示し、薬物検査を行おうとしている。アンジェラの復元で被害者の身元が判明し、カリスマ美容師として名高いサンティアゴ・バルモントだった。バルモントは3人の顧客から失踪届けが出されていた。

アラストは動物の噛み跡を除外して、アンジェラトロンで死因となる傷を見つけようとしている。ブースとスイーツは3人の女性顧客からバルモントについて尋問中で、3人とも彼と特別な関係を結んでいたが、他にもう1人嫉妬深い女性顧客がいたと言っている。

ブースとブレナンはバルモントが働いていた美容室へ行き、シャンプー係のテオから話を聞くことに。テオは店が終わってからのバルモントのスケジュールについては把握しておらず、バルモントの椅子を狙っていた美容師ケビンがバルモントのキャビネットをこじ開けてファイルを渡す。

スケジュール帳の中には1000ドルのチップと、ルビーという名の女性からの熱いメッセージが残されていた。ルビーはバルモントを心から愛していて、助けるためにチップを渡していたと証言する。アンジェラトロンで分析中、頭蓋骨に動物以外の傷があり、頭皮がはがされた形跡が見られた。


久々に登場したアラストくんでしたが、論文が学会誌に載る予定で、かなりのハイテンションでした。
ジャックもビックリな変貌ぶりに驚きましたが、残念なことに論文の掲載が見送られてガッカリでしたね。

そんなアラストくんを元気付けるブレナンが素敵でした。
実力を磨けとハッパをかけて、論文が学会誌に載るよりも有意義なことをやっていると励まし、骨と対話する大事さを教えていました。

セレーナ・ゴメスをゴメス博士と勘違いしていて、最後まで彼女を有名な法人類学者だと思い込んでいる点も笑えました。
エステでリラックス中だったのにピンとひらいめいて、あの格好のまんま現場に行ってしまうなんて行動力ありすぎですが、子供を生んでもそんなところは変わっていないんですね。

BONES (ボーンズ) -骨は語る-

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク