クリミナル・マインド シーズン4 第1話~第5話

第1話 闇に消えたテロリスト

BAUは銃の連続殺人は複数犯によるもので、目的は新たなテロを起こすためのテストに過ぎないと考えていた。FBI支局のわずか2ブロック先で車が爆破され、ジョイナーは大怪我をしホッチナーも爆風で吹き飛ばされる。

ホッチナーはジョイナーの止血をしながら、近くにいた青年に救急車を呼んでくれと頼む。しかし、過去の命令で警察や救急車が次のテロの標的になる可能性があるため、安全確認後でないと近づけなかった。

現場に立ち入るのさえ禁じられるがモーガンが頼み込んでホッチの元へ行く。ガルシアは爆発前の監視カメラの映像を色々な角度から見直し、爆弾を仕掛けた犯人はホッチの近くにいる青年だとモーガンに知らせ、逃げ出した青年をモーガンは追いかけていく。

ゲスト

ケイト・ジョイナー – シエンナ・ギロリー
ブラスティン刑事 – ジャック・マクギー
クーパー刑事 – エリク・パラディーノ
リサ・バートルビー – モニーク・ダニエルズ
ベン・アブナー – アドニ・マロピス
サム – マイケル・スティーガー
シェリー – アミー・ファレル
コルム・ラーガン – ジョー・ベイジル
ワーナー刑事 – グレッグ・コリンズ
ショア – ローレン・レスター
マリノ – ザック・アレクサンダー

DATA

原題:Mayhem
放送日:2008/9/24
監督:エドワード・アレン・バーネロ
脚本:サイモン・ミレン

第2話 エンジェルメーカー

オハイオ州ローワーカナンという小さな町で女性の殺人事件が起きる。手口が1年前に死刑になった連続殺人犯エンジェルメーカーことコートランド・ブライス・ライアンとそっくりで、彼のDNAが被害者の遺体から発見される。エンジェルメーカーが死刑になって1年後の犯行で、命日を記念した模倣犯の仕業だと見られる。

マスコミには彼と全く同じ筆跡のメッセージが送られ、町の住人達はエンジェルメーカーが復活したと怯えている。警官はエンジェルメーカーの墓を掘り起こすとそこに死体はなかった。エンジェルメーカーの遺留品が闇マーケットで取引されていて、出品者は看守のラトリッジ。

彼の自宅にモーガンとエミリーが踏み込むが、彼は銃で撃たれ殺された後だった。ラトリッジの人物像からプロファイリングし、犯人は女性でエンジェルメーカーの熱狂的なファンだと解る。

ゲスト

メリル・ドブソン保安官 – パトリック・セント・エスプリト
クロエ・ケイチャー – ローレン・ボウルズ
サラ・カルリーノ – ブレイク・リンズレイ
エンジェルメーカー – ニール・ホプキンス
シド・ラトリッジ – ダリン・クーパー
セーラ・ドブソン – パット・デストロ
レネ・ターナー – ジリアン・ブレイシャー
ヘイゲン医師 – ロバート・カトリーニ
ディライラ・グレナン – ミーガン・ モロイ
フェイ・ランドロー – ジェニファー・ニホーム

DATA

原題:The Angel Maker
放送日:2008/10/1
監督:グレン・カーショウ
脚本:ダン・ドウォーキン、ジェイ・ビーティー

第3話 カルト教団の行方

コロラド州ラプラタにあるコミューンで性的虐待が行われているとの情報が入り、エミリーとリードは児童福祉局のナンシーと共に職員に扮して事情を聞きにいく。コミューンのリーダーはベンジャミン・サイラスで施設には大人の男性や女性だけでなく、子供達も大勢いた。

15歳の女の子ジェシカから事情を聞いていて、彼女はサイラスの妻でベッドを共にするのは普通のことだとサイラスを信じ切っている。突然、武器をもった警官達が突入してきて銃撃戦が始まり、女性と子供は地下に避難し、教会の屋上からは男性達が応戦中。警官が負傷しコミューンの信者にも死傷者が出て、ナンシーも流れ弾で死亡する。

サイラスは事態を収めようと屋上から警官に撤退するよう要求する。エミリーとリードが潜入していることを知ったBAUメンバーは現地に飛んで、交渉人としてロッシを送り込むことに。

ゲスト

ベンジャミン・サイラス – ルーク・ペリー
キャシー・エバンソン – キャスリーン・ウィルホイト
ジェシカ・エバンソン – ジェナ・ボイド
ダン・トーレ – コナー・トリニアー
クリストファー・コール – コルビー・フレンチ
ケイン – ジェフ・フェイヒー
ナンシー・ランド – カリーナ・ローグ
検事総長 – ジョエル・マーレイ

DATA

原題:Minimal Loss
放送日:2008/10/8
監督:フェリックス・アルカラ
脚本:アンドリュー・ワイルダー

第4話 地獄の楽園

夜中にネバダ州でトレーラーがカップルの乗った車と衝突する事故が発生。しかし、カップルはトレーラーに衝突する前に死亡していて、女性の方は暴行を受けていた。他にも同様の手口で2件の事件が起きていて、場所はバラバラだが手口は全く同じ。カップルの失踪から48時間後に事故に見せかけて殺されている。

その頃、旅行でリノから車で帰宅しようとしているコービン夫妻は、疲れていて運転するのは危ないと近くのモーテルに泊まることに。客は他におらず貸切状態だと喜んでいたが、モーテルのランプは満員になっていた。朝になると妻のショーツが消えていて、妻が食べたいと言ったパンケーキが部屋に届く。

BAUチームは保安官事務所にやって来て、犯人が手口を変えないようにマスコミには殺人だということは伏せておくよう地元警察に指示する。

ゲスト

イアン・コービン – ウィリアム・メイポーザー
アビー・コービン – ロビン・ライヴリー
ブルーナー保安官 – デビッド・アンドリュース
フロイド・ハンセン – ウィル・ウィトン
ハロルド・サンダース – ジャック・ローファー
ボビー・ジョーンズ – ジョー・アンガー
ベティ – シェリー・ウェストン

DATA

原題:Paradise
放送日:2008/10/22
監督:ジョン・ギャラガー
脚本:デブラ・J・フィッシャー、エリカ・メッサー

第5話 殺人ロード

カリフォルニア中部で6件の殺人事件が発生。被害者は一人暮らしか二人暮らしで家には警報装置や玄関の明かりがなく、強盗に入りやすい家だった。犯人は被害者を殺した後貴金属などを盗み、その家でくつろいでいてシャワーを浴びたり食事を取ったりしていた。

また、男性被害者の死体に自分が着ていた洋服をかけ、代わりに新しい清潔な服を着て出て行ったと見られる。チームはサクラメントの捜査本部に着き、ホッチは高速99号線キラーという名称は使わないよう指示。

ロッシは直近の被害者の家へ行き、犯にはホームレスでお金がないため移動には車を使っていないと読み、リードに連絡。直近の事件発生地を通る列車を調べてもらうと、貨物列車が走っていて、犯人は鉄道で移動しているのが判明する。

ゲスト

ルーベン・ガルシア – ペペ・サーナ
アルマンド・サリナス – アンドレ・ロヨ
モデスト・ブル – ジム・コディ・ウィリアムズ
スターク刑事 – エイドリアン・ラトゥーエル
ダニエルズ刑事 – ヴィクター・ウォーレン
ロックフォード・ブル – ミッチ・カーター
ジョアン・ネルソン – リンダ・ビセスティ
シーザー・ヒメネス – オマー・レイヴァ
オルティス夫人 – ジュリエタ・オルティス
ローズ – シルヴィア・クリエル
アンジェラ・オルティス – マリサ・キンタニージャ

DATA

原題:Catching Out
放送日:2008/10/29
監督:チャールズ・ヘイド
脚本:オアン・リー

クリミナル・マインド

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大