クリミナル・マインド シーズン5 第11話~第15話

第11話 復讐の逃避行

ニューヨーク州ロックポートで銀行強盗で服役し、出所後すぐに女性を殺した上娘を誘拐したデイル・シュレイダーを逮捕。地元刑事とエミリーが護送中、シュレイダーが気分が悪いと言うので車を止めると、刑事を殺し脱走してしまう。

シュレイダーにはパートナーがいて、車にトラックをぶつけて来た。車が横転してエミリーは怪我をし車からはいでてトラックに発砲するが、逃げられてしまう。シュレイダーの過去を洗い直してライバルの強盗ダン・オーティの名前が浮上する。

BAUが自宅に駆けつけるがオーティは殺された後で、妻と子供は無事だった。シュレイダーの相棒が無理やり二人を2階に上げて、出てくるなと言ったらしい。ドクターの許可が出てエミリーは認知テストを行い、シュレイダーの相棒の顔と自分を助けようとしてくれたことを思い出す。

ゲスト

デイル・シュレイダー – リー・ターゲセン
ジョー・マラー – ティム・ギニー
バンティング – A・マルティネス
モリー・マラー – リーミー・ホール
ベッツ – ジャン・ホーグ
カレン・オーティ – レスリー・スティーヴンス
コニー・シュナイダー – アンジェラ・ピアース
ジェニー・シュナイダー – ジョーダン・ヴァン・ ヴランケン
ステイシー・ライアン – サラ・フラナリー
ダン・オーティン – モンロー・マコウスキー
ジェイソン・オーティ – ダール・グレゴール・デイビス

DATA

原題:Retaliation
放送日:2009/12/16
監督:フェリックス・アルカラ
脚本:エリカ・メッサー

第12話 人形の館

ニュージャージー州アトランティックシティにある遊園地の回転木馬で、女性の死体が発見される。被害者はメイクやネイルも施され髪は付け毛で、人形のようなドレスを着せられていた。検死によると点滴で栄養を取っていて、体を麻痺させる薬を打たれていた。

同様の事件が他にも起きていて、被害者は2人とも2ヶ月前に行方不明になり体型が似ていた。さらに被害者達と体型が似ている女性2人が行方不明に。ガルシアの調べでは、犯人は死体を捨てた前日に2人の行方不明者が出ているとのこと。新しい被害者が発見され、付け毛ではなく頭皮にウィッグが縫い付けられていた。

犯人は女性のコレクターで、自分の人形コレクションを失い代わりに人間を人形としてコレクションしているとプロファイルを発表する。行方不明中の女性の夫がやって来て、妻は糖尿病で24時間以内に薬を打たなくてはならないと懇願される。

ゲスト

アーサー・マルコム – ジョナサン・フレイクス
サマンサ・マルコム – ジェニファー・ヘイスティ
ベサニー・ウォレス – ロザリー・ウォード
マーティ・コトローン – ジェフリー・ジョンソン
リンダ・ジャクソン – ヴァレリー・ロス
カール・ウォレス – グレゴリー・マーセル
ボブ・スチュアート – ダニエル・ヒッチ
シンディ・アマンドソン – ミーガン・ダフィ
マキシーン・ワイマン – モニーク・パトリス
エリック – マシュー・モイ
ジョー – レナード・ロビンソン
フィリス – ジョアンヌ・ケイシー
マーク – ブッチ・クレイン
フィン – パトリック・オコナー
メアリー・ニューサム – アンナ・ムーア

DATA

原題:The Uncanny Valley
放送日:2010/1/13
監督:アンナ・J・フォースター
脚本:ブリーン・フレイジャー

第13話 リスキーゲーム

ワイオミング州の小さな町ウィンタで金曜日に高校生2名が自殺。先週の金曜日にも同じ地区で高校生が自殺し、保安官がBAUに捜査を依頼してくる。FBIでは自殺は取り扱わないのだが、死んだ子供達は自殺の予兆のようなものはまるでなく、不審死として再発を防ぐためにも捜査を行うことに。

ガルシアを含めチームは現地に飛び、両親から話を聞くことに。みんな成績もよくスポーツも頑張っていて、深刻な悩みなども抱えていなかったようだ。

家族からパソコンを借りてガルシアが調べ始めると、窒息ゲームのサイトが隠されていて、もう一人の自殺した子のゲーム機からも同じサイトに接続していた形跡があった。サイトでは学校対抗でタイムを競い合っていて、次の金曜に大会が開かれることになっている。

ゲスト

ウィルソン・サマーズ – ジョン・パイパー=ファーガソン
クリストファー – マイケル・ボルテン
サミュエルズ保安官 – クレア・ケアリー
クラウス氏 – D・C・ダグラス
クラウス夫人 – ルネ・ハミルトン
リーク夫人 – ローレン・レゼラー
リーク氏 – クリストファー・ウィアー
トリッシュ・リーク – アマンダ・レイトン
ライアン・クラウス – ジャスティン・プレンティス
リンジー – エレン・マーロウ
テッド – ダルトン・オデル

DATA

原題:Risky Business
放送日:2010/1/20
監督:ロブ・スペラ
脚本:ジム・クレメンテ

第14話 仮面の男

FBIサンディエゴのホワイトカラー犯罪課の捜査官ゴールドマンに捜査協力を頼まれる。5年間追っている投資詐欺師ウィリアムが女性を殺したとのこと。プライベートジェットでゴールドマンと共に反抗が行われたマイアミへ。被害者は金持ちではないため、ウィリアムにとって何か有益な存在だったと見られる。

被害者のパソコンから投資サイトが見つかり、他にもないかガルシアに探してもらうと、全く同じで名前だけ違うサイトが9つも発見される。ウィリアムは顧客のヨットに来ていて小切手を切ってもらうはずだったが、名義人の名前を間違え顧客をアルコールが入ったビンで殴り殺してしまう。

BAUは犯人はカサノバのようにリッチな女性顧客の信頼を得るために体の関係を持っている、詐欺に一生を捧げていて今は精神に破綻をきたしているとプロファイルを発表する。

ゲスト

レベッカ・ホッジス – アナベス・ギッシュ
ウィリアム・ホッジス – ビクター・ウェブスター
ラッセル・ゴールドマン捜査官 – デビッド・エイゲンバーグ
ブルック・サンチェス – ヴァレリー・クルス
ロレイン・ホートン – レベッカ・スターブ
JD・ホッジス – ブライス・ロビンソン
フランク・ミケルソン – ジョン・イダキティス
ディナ・ミケルソン – アンナ・マリー・ウッド
カーラ・マーシャル – スザンヌ・クワスト
スチュアート – マイク・ランドルマン
カル捜査官 – カルヴィン・ハリソン

DATA

原題:Parasite
放送日:2010/2/3
監督:チャールズ・S・キャロル
脚本:オアン・リー

第15話 民衆の敵

ロングアイランド州プロビデンスでシリアルキラーに3人が殺され、被害者達はのどを切り裂かれていた。被害者達に共通点はなく、無作為に選ばれていた。直近の被害者ポール・コリンズは街のヒーローで、教会で礼拝の最中に殺された。

BAUメンバーはそれぞれの現場へ調査に行き、犯人は人ではなく場所にこだわっていて、街で人気があり人が集まる象徴的な場所で殺害しているとロッシは見ている。BAUが警察でプロファイルを発表中にファーマーズマーケットで新たな殺人が起こる。

花屋の店員が殺され、若い男が助けようと傷口を押さえながら店員を抱きかかえていたとのこと。マーケットを封鎖して不審人物を探していると、エミリーは血の付いたシャツを発見。犯人はまだ中にいることが判明し、騒ぎが起こっている最中に警官が刺し殺されてしまう。

ゲスト

メグ・コリンズ – スプレイグ・グレイデン
ジェイク・モアランド刑事 – フランク・ジョン・ヒューズ
コナー・オブライエン – ネイト・ムーニー
ケンデレン神父 – ラリー・クラーク
リディ – ショーン・パトリック・マーフィ
ガーデラ – ブラントリー・M・ダナウェイ
タラ・ケリー – ナタリー・エドワーズ
ポール・コリンズ – デビッド・ランドリー
ソフィア・コリンズ – アナ・クラーク
ビリー・オブライエン – ティモシー・ブレナン
ジュリア・ベッキア – ジェニファー・コルテーゼ
ジュディ・オブライエン – ニコール・アブラムソン

DATA

原題:Public Enemy
放送日:2010/2/10
監督:ネルソン・マコーミック
脚本:ジェス・プレンター・プロッサー

クリミナル・マインド

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大