クリミナル・マインド シーズン8 第4話~第6話

第4話 神コンプレックス

ニューメキシコで2人の男性が誘拐され右足を切断されるという事件が発生する。1人目の被害者は切断中に死亡していて、死体はメキシコで見つり、もう1人の被害者はホテルで目覚めると右足が切断されていて、病院へ運ばれる。臓器売買の線が疑われグレイクは刑務所にいる人身売買で捕らえられた医者スミスに会いに行くが、彼の反応から人身売買絡みではないと判断する。

リードは被害者の切断面を見てきつく縫われていることや骨の断面に小さな穴があることから、犯人は医療知識や技術を持っている人物だが科学的な実験が目的かもしれないと仮定する。3人目の被害者が病院に助けを求めにやって来て死亡してしまう。彼は右足を切断され別の人の足が付けられていた。

犯人は神コンプレックスでナルシスト、他の意見を聞き入れられないため医者なら医師免許を失っていて、医学生なら退学になっているはずだとプロファイリングする。また、3人目の被害者からは人工関節が見つかっていて、これを使用するのは医者だけではなく葬儀社も該当し、その縁からも捜査が進められる。

リードの秘密の彼女の正体が気になります。
向こうには彼氏がいるみたいですがリードは無理に会おうとはせず、相手の希望を聞いてあげて優しいですね。
仕事に彼女の意見を求めて無事に解決したし、リードと彼女が会える時は来るのでしょうか。

第5話 鮮血の大地

オレゴン州の小さな田舎町グランデで4人の男性が失踪し、全員車に乗って出て行ったきり戻ってきていない。3人の被害者は全員家庭を持つ普通の男性でグランデにずっと住んでいるが、最後の行方不明者ロジャースだけは独身で最近この街にやって来たばかりだった。

ロジャースは山小屋に住んでいて電気は自家発電でまかなっていて、スーパーで買ったものから病気で免疫力を上げようとしていたことが解る。ロジャースの車だけは見つかっていて道路をはずれた砂漠に乗り捨てられていて、もう1台トラックのタイヤ跡が残されていた。その後、川沿いからロジャースの死体が発見され、手足には縛られた跡が残っていた。

犯人は女性で繁殖相手を探していて、自分なりの基準を持ちそれに満たない者を切り捨てている。屈強な男性を隠しておけるような広い場所を持っている地元の人間だとプロファイルする。5人目の被害者は出産まであと3週間の女性で、犯人は女性を帝王切開で無理やり子供を取り出し、母子共に病院の前に置き去りにして行った。

ヘンリーはモンスターを克服できたみたいでよかったです。
憧れのプロファイラーはリードだったんですね。
格好もリードそっくりでバッグまで提げちゃって、めちゃかわいかったです。

第6話 殺しの教室

フロリダ州マイアミで激しく殴打されビニール袋で窒息させられた女性の死体が発見され、BAUは現地に呼ばれる。連続殺人事件ではなかったが、同様の手口で6匹の子犬が殺される事件が起きていてDNAが一致し、同一犯によるものだと判明。動物の虐待はティーンエイジャーに多く人を殺し始めるには早すぎ、次の犯行がすぐに起こるだろうと予測される。

被害者がさらに2人発見され最初の被害者とは状況が違い、頭を鈍器で殴られていて体には噛んだ跡があり、現場から足が付かないように後片付けされていた。最初の犯行は怒りに任せていて無秩序だったが、今回の犯行は計画性があり秩序的であることから、犯人は2人組でしかも10代と大人の組み合わせで、大人が若者に殺人の手ほどきを行っていると推測する。

ガルシアが検索範囲を広げてハンマーで殴られた少年の事件を探り出すが、リードとモーガンは犯人ではないと判断し、認知面接を行って記憶をよびさますことに。犬をいじめていた少年を殴りつけていたら後からハンマーを持った男に殴られたとのこと。大人の顔は覚えていなかったが、犬をいじめていた少年の顔は思い出せると似顔絵作りに協力してもらうことに。

リードは頭がいい分運動はまるでだめみたいですね。
BAU全員が応援に駆けつける中、しっかり見せ場を作ってくれて、一躍ヒーローになれてよかったです。
リードに憧れているヘンリーも見ていたし、ヘンリーの中でまたリードの株が上がったんじゃないでしょうか。

クリミナル・マインド

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大