デスパレートな妻たち シーズン1 第16話~第20話 あらすじ・感想

第16話 スキャンダル

あらすじ

メイシー・ギボンズが売春で逮捕され、彼女のお客だった男性のリストが記された黒い手帳があるという噂が広がる。ブリーはその手帳からレックスの名前を消してもらうために服役中のメイシーに会いに行く。

ガブリエルの家の下水管が腐食し排水溝から汚水が逆流してしまうが、ソリス家には修理するお金は無くトイレは近所の家を回って借り、お風呂や洗濯は外のプールで済ませている。

双子が通う小学校で頭ジラミが広がり、リネットの子供達が発生源だという噂が広まってしまう。他の子供の誕生日パーティーから締め出しをくらったリネットは、噂の真相を確かめようとする。

マイクと別れて家にずっとこもっているスーザンをイーディは飲みに連れ出す。酔いに任せてスーザンはメアリー・アリスの秘密をイーディにぶちまけ、ポールが何か隠していると二人でザック家に忍び込みことに。

感想

スーザン&イーディの友情がちょっと深まったエピソードでした。
普段はあれこれスーザンの悪口を言っていたイーディも、ライバルに元気がないと張り合いがないのでしょうし、ここ最近お互いの距離が縮まってきたからこそ放っておけなかったのでしょう。
女友達と仲良くする術を知らくて、リネットのアドバイスを実行に移してくれました。

スーザンもお酒が入っていたのもありますが、メアリー・アリスの秘密をイーディにあんなに簡単に暴露してしまったのは意外でした。
殺人絡みならもっと慎重にならないといけませんが、イーディのことを信頼できると本能で感じたからかもしれません。

レックスの秘密が表沙汰になって、ブリーの評判にも傷が付いてしまいました。
それを周りに悟らせまいとするブリーの意思の強さはさすがです。
レックスは気分が悪いと言っていましたが、ジョージの悪巧みの影響が体に出てきているようです。

ガブリエルもブリーに負けず劣らず、パワフルでバイタリティがあります。
仮設トイレを家まで押してくるなんて、普通ならできないことです。

ジャグジーで洗濯したり家の庭に仮設トイレがあれば、ブリーでなくても気づきます。
ブリーもメイシーの件でもっと親身になってあげればよかったという後悔がどこかにあったからこそ、おせっかいでもガブリエルにお金を貸してあげたのだと思います。

第17話 届かない言葉

あらすじ

昏睡状態だったカルロスの母ホワニータが目を覚ますが、病院の管理不行き届きで非常階段から転落し死亡してしまう。財政難なのにホワニータの葬式に大金を使ったカルロスにガブリエルは怒り心頭である。

リネットは子供達が通う学校で障害のあるアリッサというママと知り合い、夫婦で一緒に食事をすることに。アリッサの夫デニスは妻の耳が不自由なのをいいことにアリッサの悪口をリネットに話すのだった。

ブリーは退学になったアンドリューを更正施設に入れようとレックスに相談するが反対されたもののアンドリューがブリーを蹴った現場を目撃したレックスは、息子を更正施設へ入れることに同意する。

スーザンはイーディの家を作っている作業員でイーディのデート相手でもあるビルから食事に誘われる。いったんは断ったもののビルの押しの強さに負けて食事に行くが、イーディにバレて厄介な事になってしまう。

感想

ホワニータの死でガブリエルの浮気は永遠に墓の中となり、ガブリエルの悩み事が1つ減ったのはよかったですが、まだまだ問題山積みです。

ホワニータの死に病院が関与していて、その口封じにお金を受け取ってしまって、カルロスがこれを知ったら大変なことになってしまいます。
でも、ガブリエルのために刑務所行きを決めたカルロスも男らしいし、心からガブリエルを愛しているからこそ出来る行動です。

夫婦のことに首を突っ込むとろくなことにはならないというのが、リネットでした。
トムはそこのところをわきまえていて、穏便にすまそうとしていましたが、リネットはつい口出ししてしまいました。

あの毒舌おやじアリッサの夫は確かに鼻持ちならないけれど、本人にそれとなく注意する程度にしておけばよかったですね。
それを見過ごせないのがリネットのいいところで、アリッサの家庭が壊れてしまったとしても、それはリネットの責任じゃない気がします。

リネットが何か言わなくても、いずれは家庭が壊れていたことでしょう。
トムもリネットのまっすぐで人が傷ついてしまうのを放っておけないところも含めて、丸ごと受け止めている愛情の深さを感じさせます。

第18話 迷える親ヒツジ

あらすじ

スーザンの母ソフィーが恋人のモーティと別れて突然やって来た。
到着するや否や、自分の車をマイクの車にぶつけてしまい相手がスーザンの恋人マイクだと分かると、二人が別れた事を知らずにおしゃべりを始めてしまう。

カルロスは服役中にガブリエルから離婚されないように婚姻契約書を作成してサインさせようとするが、ガブリエルは以前カルロスから燃やせと言われていた書類を武器に拒否する。

リネットは友人と飲みに行くことになっているが、ベビーシッターが見つからずブリーに頼むことにした。わんぱくなリネットの子供達に手を焼くブリーはいたずらが過ぎるとお尻を叩くと脅すが、ママはいつも口だけで本当に叩いたりしないので、脅し文句は通用しなかった。

ブリーとレックスは更生施設にいるアンドリューの面会に行くことに。アンドリューがレックスのみとの面会を希望したためブリーは外で待っていたが、どうしても伝えたい事があると入室したのだが…。

感想

スーザンのママ初登場でいきなりマイクの車に自分の車をぶつけて、天然ぶりを発揮していました。
この親にしてこの子ありで、どうもスーザンのトラブルを呼び寄せるクセは母親譲りのようです。

ジュリーはしっかりしていて正反対だから、ソフィーからスーザンへとトラブル体質は遺伝しましたが、ジュリーには遺伝しなくてある意味よかったですね。
ということは、ジュリーはカール似なのかな?

ソフィーは恋人と上手くいかなくなってスーザンの家で暮らす気マンマンでしたが、スーザンの方は迷惑そうで厄介払いしようとけんかした恋人モーティとの仲を取り持とうとしますが大失敗。
余計にややこしくなって、やっぱり連れ帰るハメになってしまいました。

ガブリエルとカルロスは熱い戦いを繰り広げて、いったんはガブリエル有利になりましたが、最後に勝ったのはカルロスでした。
せっかくカルロスとはいい感じで夫婦していたのに、カルロスへの腹いせにまたジョンとの火遊びが復活です。

辛い立場なのはわかりますが、別のことで発散しないとまたジョンの母親が出てきたり、ホワニータのように秘密を暴こうとする人に捕まってしまいそうで心配です。

第19話 孤独な旅人

あらすじ

リネットは犬猿の仲であるマクラスキーさんの命を救い、お礼の品プレゼントされておしゃべりに付き合うことに。それ以来、事あるごとにマクラスキーさんが訪ねて来て用事を片付ける暇が無くなり、迷惑だと伝えるのだった。

スーザンの母ソフィーは家に男を連れ込んだだけでなく、スーザンの気持ちもお構いなしにダブルデートをセッティングしてしまう。

ブリーはアンドリューのゲイかもしれないという告白から、息子を自宅へ連れ戻す。神父を食事に招いてアンドリューと話をしてもらうが、ブリーが予想していたような結果にはならなかった。

婚姻契約書を無効にしないならベッドに入れないと強気のガブリエル。カルロスはそれに対抗して、クレジットカードとキャッシュカードを停止させてしまう。レストランでの食事代すら払えず困ってしまったガブリエルは美貌を武器にある作戦に出る。

ノアは娘のディアドラが死体で見つかった事をマイクに告げる。ノアの息のかかった刑事から捜査ファイルを受け取るよう言われて現場へ向かうが、相手の刑事ともめてマイクは殴られてしまう。

感想

マイクが調べていた事件とメアリー・アリスの自殺がどうやらつながってきて、点と点がやっと線でつながってそうだったんだ!と納得できます。
マイクにも暗い過去があって、刑務所に入っていたのは警官を殺したせいだったんですね。
探していたディアドラがバラバラにされて殺され、しかも容疑者にポールが入っていたんじゃスーザンどころじゃないのもわかります。

リネットは前回から引き続き、マクラスキーさんとの対立が続いていますね。
口の減らないマクラスキーさんも倒れた時には心細くて、リネットに悪態をついていたのも、1人きりの孤独からだったんでしょう。

人としてちゃんとしているリネットはマクラスキーさんの命を救ったし、ある程度は妥協して彼女に付き合ってあげました。
現実として子育て中の主婦はやらなきゃいけないことが山積みだったし、ソリの合わないマクラスキーさんとは付かず離れずの距離と保っておきたいというのは、ご近所付き合いとしては当たり前のことですね。

結局、迷惑だと伝えてまた対立してしまったわけですが、小包が出しっ放しになっているのが気になって仕方ないというのも、リネットの優しさや正義感からでした。

スーザン親子の恋愛問題やソリス家のいざこざ、ヴァン・デ・カンプ家での性癖問題などと比べると、リネットのところが一番身近なトラブルで微笑ましいです。

第20話 未練の残り火

あらすじ

しばしの別れとなるカルロスのために盛大なガーデン・パーティーを開くソリス家。妊娠が発覚したガブリエルはピルに細工されていたことが分かり、パーティーでカルロスを引っ叩く。

ジョージとは趣味が合う友達として2人で出かけているブリーだが、レックスは彼はブリーに気があると嫉妬している。ブリーはジョージが薬局のジンジャーと付き合っていると聞き、ガブリエルのパーティーに2人を招待する。

トムの昔の恋人アナベルが戻って来てトムと同じ職場で働いているのが不安なリネットは、イーディのアドバイスでアナベルを自宅のディナーに招待する。

夜中にジュリーの部屋の窓へ石を投げて彼女を呼び出そうとしているザックを注意するために窓を開けたスーザンは、ザックの投げた小石を顔面に受けてしまう。

ポールはイーディからスーザンがメアリー・アリスの自殺について嗅ぎまわっていることを聞き、スーザンを家に呼ぶ。メアリー・アリスがアンジェラという名前を改名した理由をでっち上げて話し、もうこれ以上嗅ぎまわるなと警告するのだった。

感想

今回も色々とハプニングが勃発jして、息もつかせぬ急展開でした。

一番気になるのが闇を抱えたポール親子の動向です。ザックはジュリーに執着しっ放しで、被害をこうむったのがスーザンです。
いつもスーザンはこういう役回りで、よく今まで無事にきましたね。

イーディ経由でポールの家に押し入ったのばバレて、メアリー・アリスが改名した理由を聞かされますが、スーザンは納得しません。

マイクからもポールとは関わるなと言われたのに、首を突っ込んだからキッチンから火の手が上がってしまったのでしょう。果たして、ぼやはザックの仕業なのかポールの仕業なのか気になります。

ガブリエルも人生が変わる急展開で、妊娠発覚からのカルロスのピル細工がバレてしまいました。子供の父親がカルロスなのかジョンなのかわからないというのも悩ましいですが、それ以上に子供を望んでいなかったのに出来てしまって、相当動揺していました。

生むと決めたとしてもカルロスは塀の中ですから、誰の助けも借りられなくて、ガブリエルが参ってしまわないか心配です。刑務所行きを祝うパーティーなんて何となくセレブっぽくて、カルロスが刑務所では楽しめないから最後に派手に騒ぎたかったのでしょうか。

ブリーとジョージがプールに落ちたり、ガブリエルがみんなに妊娠がバレたりととんだバーティーでしたが、こうでなくちゃ!と1人楽しんでいたイーディが素敵すぎます。

デスパレートな妻たち

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大