フレンズ シーズン10 第1話~第5話

第1話 ジョーイとレイチェルのキス・・・その後

チャンドラーとモニカのホテルの部屋は壁が薄くて隣の部屋の音が丸聞こえである。チャーリーとロスがいいムードになっている音が聞こえてきて、偶然やってきたフィービーと三人で壁越しに聞き耳を立てることに。

反対側の壁からはジョーイとレイチェルの声が聞こえ、二人がキスしている様子が。ロスはチャーリーと事に及ぶ前にジョーイと話したいとホテルの中を探すが姿が見えず、飛行機の中で話を切り出す。

一方、ジョーイも飛行機でレイチェルとのことをロスに話すつもりだったが、ロスがあまりにもジョーイのことをほめるため、言い出せなくなってしまう。

ゲスト

プレシャス – アン・デュデック

DATA

原題:The One After Joey and Rachel Kiss
放送日:2003/9/25
監督:ケヴィン・S・ブライト
脚本:アンドリュー・ライヒ、テッド・コーエン

第2話 ダブルデートは楽しい?

ジョーイとレイチェルのキスシーンを目撃したロス。ショックのため固まっていたが自分では動揺していないと主張し、二人を自宅の食事会に誘い、チャーリーを加えた四人でダブルデートしようと言い出す。食事会ではマルガリータをガブ飲みし、素手でフライパンを持つ始末で…。

モニカとチャンドラーはフィービーの知り合いで養子をもらった夫婦に話を聞きに行き、養子だとは知らない子供オーエンにチャンドラーが真実をバラしてしまう。

フィービーの弟フランクJr.が三つ子を連れてフィービーに会いに来て、子育てが過酷すぎてポロリと一人もらってくれないかと言い出す。

ゲスト

オーウェン – ダリル・サバラ
ビル – ジム・メスキメン
コーリーン – ケリー・ウェイマイアー
レスリー・ブッフェ – アリソン・アシュリー・アーム
チャンドラー・ブッフェ – シエラ・マルクー
フランク・フッフェ・Jr.Jr. – ダンテ・パスツラ

DATA

原題:The One Where Ross Is Fine
放送日:2003/10/2
監督:ベン・ウェイス
脚本:シェリー・ビルシング・グラハム、エレン・プラマー

第3話 レイチェル&ジョーイの甘い夜

ジョーイとレイチェルは初デートで食事に行き、アパートへ帰ってきていいムードになる。キスしながらジョーイはレイチェルのももを手でなでるが、そのたびにレイチェルがパシっとジョーイの手をひっぱたく。ジョーイもレイチェルのブラのホックを上手くはずせず、二人ともお互いを意識しすぎて次の段階へ進めなかった。

ロスはモニカから紹介されたタンニング・サロンへ行くが、前側だけスプレーを浴びてしまって変に黒くなってしまう。

モニカとフィービーが同居していた頃のアパートの知人アマンダがイギリスから帰国するが、二人とも当時からアマンダのことを嫌っていた。三人で会うことになりモニカはアマンダから意外な事実を聞かされる。

ゲスト

アマンダ・ブファモンティージ – ジェニファー・クーリッジ
グレンダ – アイリス・バー

DATA

原題:The One with Ross’s Tan
放送日:2003/10/9
監督:ゲイリー・ハルヴォーソン
脚本:ブライアン・バックナー

第4話 エマのファースト・バースディ

ロスとレイチェルはエマの1歳の誕生日パーティーを企画しているが、旅行に行くというモニカとチャンドラーを説得して出席してもらうことに。ロス達の両親も呼んでパーティーが始まるが、肝心のエマがお昼寝中で退屈なパーティーになってしまう。

プレゼントを用意していないジョーイは即興でエマの本を朗読してみんなからの拍手喝采を浴びて上機嫌である。用意した誕生日ケーキが予定のものとは違っていてレイチェルは交換しに行くが途中でスピード違反で捕まり、ロスが迎えに行く。

フィービーは仕事、ジョーイはオーディション、モニカ達は旅行とみんな予定が詰まっていて、おもちゃを使ったレースで敗者が残ることに。

DATA

原題:The One with the Cake
放送日:2003/10/23
監督:ゲイリー・ハルヴォーソン
脚本:ロバート・カーロック

第5話 フィービー&マイクのアニバーサリー

レイチェルの妹エイミーがやって来て、大きなアパートを所有している高齢者と結婚すると報告。レイチェルはエイミーを説得して結婚をやめさせることができたが、住むところがなくなったとレイチェルの部屋へ居候することに。

フィービーはマイクとの1周年記念のデートにバスケの試合を見に行く。試合の合間にスクリーンで観客がプロポーズする姿が写され、フィービーはこんなプロポーズは嫌だと発言。

マイクはスクリーン越しのプロポーズを計画していてデートは盛り下がってしまう。今度はフィービーが同じシチュエーションで逆プロポーズを計画するが・・・。

チャンドラーとモニカの養子斡旋会社への推薦文をジョーイが書き、意外にも子供が書いた文章だと高評価を受ける。

ゲスト

エイミー・グリーン – クリスティナ・アップルゲイト

DATA

原題:The One Where Rachel’s Sister Baby-Sits
放送日:2003/10/30
監督:ロジャー・クリスチャン
脚本:ダナ・クライン・ボーコウ

フレンズ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大