フレンズ シーズン2 第16話~第20話

第16話 ジョーイの家出

レイチェルとフィービーがタトゥーを入れようと話しているとロスは体を傷つけるのは良くないと反対の様子。二人でタトゥーショップへ行くのだが、入れたのはレイチェルだけでフィービーは針が怖くて結局入れられなかった。

モニカとロス、リチャードは父ジャックの誕生日パーティーに行く。リチャードが20代の女の子と付き合っていると話題はそればかりで、女性陣は相手はあばずれだと言い男性陣はみんなうらやましがっている。

ジョーイとチャンドラーが行ったパーティーのホストがここから引っ越すから住まないかとジョーイを誘う。帰宅してジョーイはその気はないと言いながらも、チャンドラーは壁のひび割れをチェックしていたと指摘し、売り言葉に買い言葉でジョーイはここを出て行くと宣言する。

ゲスト

エミリー – オードリー・ニーナン
ボブ – ウォーレン・バーリンジャー
タトゥー・アーティスト – ジョシー・ディヴィンセンゾ
アリク – スティーブン・サミュエルズ

DATA

原題:The One Where Joey Moves Out
放送日:1996/2/15
監督:マイケル・レムベック
脚本:ベッツィ・ボーンズ

第17話 新しいルームメイト

ジョーイは新居にみんなを招待するが、チャンドラーは仕事で来られなかった。その夜、チャンドラーは挨拶代わりにジョーイに電話をし、二人でベイウォッチを見ながら盛り上がる。

ジョーイは孤独を感じていてフィービーとモニカに相談し、チャンドラーに戻りたいと言えとアドバイスされる。チャンドラーはロスとレイチェルに相談し、ジョーイは戻ってこないから新しいルームメイトを探すよう言われ、新しい同居人エディと一緒に住み始める。

フィービーは「猫はくちゃい」がレコード会社の人の目に留まり、レコーディングしてプロモまで作ってもらう。みんなでそれを見ていると、曲調はロックっぽくなっていておまけに歌っているのはフィービーじゃないシンガーだったが、本人は気付いていない様子である。

ゲスト

ティリー – メアリー・ギャラガー

DATA

原題:The One Where Eddie Moves In
放送日:1996/2/22
監督:マイケル・レムベック
脚本:アダム・チェイス

第18話 初めてのケンカ

チャンドラーはエディと話していて彼がガールフレンドのティリーと別れた話を聞かされる。そのティリーがエディが忘れていった水槽を届けに来るが、エディはチャンドラーがティリーと寝てると責めた上、空の水槽を見て金魚まで殺したとブチ切れる。

モニカ&リチャードとレイチェル&ロスはお互いに何人の人と付き合ったかでもめてしまう。

ジョーイのことがテレビ本で取り上げられ、セリフを自分で直していると載ってしまう。これを読んだ脚本家が頭に来て、ドラマ内でドクター・ラモレーがエレベーターシャフトから落ちて死ぬというストーリーにしてしまう。

ゲスト

マイク・ホートン医師 – ローク・クリッチロウ
ティリー – メアリー・ギャラガー
アンバー – ヴァネッサ・サンディン

DATA

原題:The One Where Dr. Ramoray Dies
放送日:1996/3/21
監督:マイケル・レムベック
脚本:アレクサ・ジャンジ、マイケル・ボーコウ

第19話 元のさやに戻ろう!

夜中にチャンドラーが目を覚ますとエディが寝顔を覗き込んでいた。とうとうチャンドラーはエイディの奇妙な行動に我慢できなくなり、出て行ってくれと要求する。

モニカとフィービーは女性の生き方について書いた本「自分の風を守れ」にのめりこんで、レイチェルにも勧め、同じくレイチェルもすっかり感化されてしまう。

役を降ろされて仕事がなくなったジョーイはエステルの元へ行くが、新しいオーディションはセリフがたった二行しかないタクシー運転手役で不満に感じる。オーディションは上手くいかずクレジットカードの請求が来るが、払えずにアパートのオブジェを取られてしまう。唯一、ロスがプレゼントしてくれた白い犬のオブジェだけが手元に残る。

DATA

原題:The One Where Eddie Won’t Go
放送日:1996/3/28
監督:マイケル・レムベック
脚本:マイケル・カーティス、グレゴリー・S・マリン

第20話 おとぎ話のウソ

ロスはベンが初めてつかまり立ちしたと大喜びでビデオまで撮るが、実はこれが初めてではなかった。ハイハイもいつの間にかできるようになっていて、もっとベンの成長を見守りたいと土日はずっとベンと一緒に過ごすことに。

レイチェルはロスから将来は子供が二人欲しいとかもっと環境のいい場所で育てたいとか聞かされ、そこまで先のことは考えられないとパニックに。

フィービーは母から悲しい映画は最後まで見せられたことがなく、結末はいつもハッピーエンドだと聞かされていた。そこで、悲しい映画を片っ端から借りて見てみることに。

チャンドラーとジョーイがリチャードを誘ってバスケの試合を見に行き、二人はスマートで大人な対応のリチャードに憧れて、葉巻をまねしてくわえたり付けひげをつけたりし始める。

DATA

原題:The One Where Old Yeller Dies
放送日:1996/4/4
監督:マイケル・レムベック
脚本:マイケル・カーティス、グレゴリー・S・マリン、アダム・チェイス

フレンズ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大