フレンズ シーズン4 第11話~第15話

第11話 フィービー、ママになるの?

フィービーの弟フランクJr.とアリスが結婚し、フィービーも大喜び。二人は子作りに励むがなかなか子供ができず、医師と相談して人工授精をすることに。その代理母になってくれとフィービーは頼まれる。

悩むフィービーは出産経験のある実の母フィービーSr.に相談しに行くと、子供を手離す時に辛い思いをすると反対される。

ジョーイはロスの博物館でツアーガイドの仕事をすることに。食事を一緒に取ろうとするが妙な慣習があり、白衣の科学者とブルーの上着のツアーガイドは同じテーブルに付けないとのこと。ジョーイはロスをテーブルに誘うが、ロスは白衣チームのテーブルで食べると断られてしまう。

チャンドラーはジョーイと自分を比較されるのを恐れて、キャシーと体の関係を持てないでいる。

ゲスト

ロンダ – シェリー・シェパード

DATA

原題:The One With Phoebe’s Uterus
放送日:1998/1/8
監督:デヴィッド・スタインバーグ
脚本:セス・カーランド

第12話 チャンドラーの仕事は何?

フィービーは受精卵を移植できるかどうかの検査を受けに産婦人科へ。検査の結果は良好で早速処置が行なわれることに。妊娠するまで何度でも挑戦するとフィービーはやる気マンマンだが、フランクとアリスは経済的な事情でこれが最初で最後のチャンスである。

朝早くからチャンドラー達のピヨちゃんの泣き声に叩き起こされたレイチェルは朝から不機嫌である。レイチェルが買ってきた物を全てチャンドラーとジョーイが当てたのをきっかけに、男性チームと女性チームでクイズ合戦を行なうことに。

ロスが問題を作り100ドル賭けて正解が多かった方がお金を手にすることができる。勝負はどんどんエスカレートしていき、掛け金が300ドルまで釣り上がってしまう。

ゲスト

ゼーン医師 – シンディ・カッツ

DATA

原題:The One With The Embryos
放送日:1998/1/15
監督:ケヴィン・S・ブライト
脚本:ジル・コンドン、エイミー・トゥーミン

第13話 レイチェルの恋愛白書

レイチェルの部署が廃部になり、新しく顧客相談係を任されることに。最初は不満いっぱいで仕事をしていたが、離婚したばかりの魅力的な男性客ジョシュアが現れる。レイチェルは彼に心を惹かれるが自分から男性を誘ったことがなくどうすればデートできるのかジョーイにアドバイスされ、バスケのチケットで誘うことに。

チャンドラーはロスとキャシーの芝居を見に行くが、内容はセミヌードで男女が絡み合うというもの。相手の俳優ニックと寝ているのではと勘ぐり、ジョーイの意見では俳優は実際に寝ていると舞台の上では情熱がなくなるそうだ。

翌日もロスと芝居を見に行くが昨日ほどラブシーンが情熱的でなく、思わずニックと寝てるだろうとキャシーに言ってしまう。

ゲスト

ウォルサム – パクストン・ホワイトヘッド
ニック – クレイグ・ストロング

DATA

原題:The One With Rachel’s Crush
放送日:1998/1/15
監督:ダナ・デ・ヴァリー・ピアッツァ
脚本:シャナ・ゴールドバーグ=ミーハン

第14話 ジョーイとチャールトン・ヘストン

ジョーイは家族と釣り旅行へ行き、三日間シャワーも浴びずに池に落ちたため、かなりの異臭を漂わせている。翌日、チャールトン・へストンと共演できる映画の仕事だというのに寝過ごしてしまったため、臭い体のまま現場へ。チャールトン・へストンの楽屋にシャワーがあると聞いてこっそりシャワーを浴びていると本人に見つかってしまう。

レイチェルはジョシュアからおしゃれなクラブのオープニングパーティーに誘われ、同時に上司のウォルサムにイギリスから来ている姪エミリーをオペラに連れて行ってくれと頼まれる。

キャシーと別れてまだ立ち直れないチャンドラーは、ジャージを脱がずにソファーにかじりついたままの第一段階から抜け出せない。

ゲスト

ウォルサム – パクストン・ホワイトヘッド
チャールトン・ヘストン

DATA

原題:The One With Joey’s Dirty Day
放送日:1998/2/5
監督:ピーター・ボナーズ
脚本:ウィル・カルフーン

第15話 チャンドラー、イエメンに行く!!

レイチェルとネイルサロンへ行ったチャンドラーはジャニスと再会する。夫と離婚して慰謝料をたくさんもらったジャニスは今度こそチャンドラーを離さないと宣言。

ジャニスをうっとうしく感じるチャンドラーは仕事でイエメンに転勤になるとウソをついて別れようとするが、ジャニスは引っ越しの荷造りまで手伝いに来る。

ロスはエミリーの元彼と会いラグビーに誘われる。エミリーにカッコいいところを見せようと無理をしてラグビーをやることに。やっとハーフタイムになるがエミリーの前では強がっていても、体はボロボロである。

モニカは部屋にあるスイッチが何のものだか気になり、建物の設計図を手に入れたり壁に穴まで開けて調べようとする。

ゲスト

リアム – マーク・マッカロク・トーマス
デボン – アダモ・パラディノ

DATA

原題:The One With All The Rugby
放送日:1998/2/26
監督:ジェイムズ・バロウズ
脚本:テッド・コーエン、アンドリュー・ライヒ、ウィル・カルフーン

フレンズ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大