フレンズ シーズン6 第11話~第15話

第11話 対決!モニカ対ジャニーン

レイチェルはポッタリーバーンの薬剤師のテーブル買うが、フィービーはポッタリーバーン嫌いでこの世に一つしかない由緒ある家具を好んでいる。フィービーを傷つけないためにレイチェルはテーブルをフリマで買ったとウソを付く

。レイチェルがロスの家に行くと自宅にあるのと同じ薬剤師のテーブルがあったのだ。もうすぐフィービーが来るからバレたら大変だと、シーツをかぶせてその場をしのぐことに。

ジョーイ&ジャニーンとチャンドラー&モニカでダブルデートして、明日はモニカの手料理で彼女達の部屋で食事をする約束をする。しかし、ジャニーンはモニカ達のことを気に入っておらず、食事には行かないと言い出す。ジョーイはジャニーンが風邪を引いたとごまかすが結局ウソがバレてモニカとジャニーンバトルにまで発展する。

DATA

原題:The One with the Apothecary Table
放送日:2000/1/6
監督:ケヴィン・S・ブライト
脚本:ブライアン・ボイル

第12話 ジョーク泥棒はどっち?

ロスが男性雑誌にジョークを送ってそれが雑誌に掲載されるが、チャンドラーがこれは俺のジョークだと言い出しもめ始める。チャンドラーは今度こそジョークが盗まれないようにとジョーク日記を付け始める。

女性陣は男性雑誌を見ながらおしゃべりしていて、この三人と付き合うなら誰がいいという話題になり、フィービーはポロっとレイチェルと言ってしまう。どうして自分じゃないのかと気になったモニカはフィービーに聞き、モニカはちょっと細かすぎてレイチェルはお人よしだと言われてしまう。

ジャニーンが出て行って金欠になったジョーイはセントラルパークで働き始めるが、オーディションが入ったのにガンターが外出中で、客を追い出して店を閉めてしまう。

DATA

原題:The One with the Joke
放送日:2000/1/13
監督:ゲイリー・ハルヴォーソン
脚本:アンドリュー・ライヒ、テッド・コーエン

第13話 妹はライバル

レイチェルの妹ジルが父から勘当されたと突然やって来る。仕事とアパートを探し自立するまでレイチェルのところに住むことに。つい父のカードで買い物をしてしまったのをロスがかばってくれて、いい雰囲気になる。ジルはロスはタイプじゃない言うが、レイチェルが優しくてまじめだとほめたためジルはデートに誘うことに。

ここ3年病気になったことがないモニカだが、風邪で寝込んでしまう。病気だと認めたくなくて、何とかしてチャンドラーをベッドに誘おうとあの手この手で誘惑する。

かわいい女性客にただでマフィンを配っていたジョーイはガンターから禁止される。誕生日なら無料になるので気に入った女性客にはハッピーバースデーを歌って、マフィンをただで配ることに。

ゲスト

ジル・グリーン – リース・ウィザースプーン
女性客 – アレクシス・アークエット

DATA

原題:The One with Rachel’s Sister
放送日:2000/2/3
監督:ゲイリー・ハルヴォーソン
脚本:セス・カーランド、シェリー・ビルシング、エレン・プラマー

第14話 泣けないチャンドラー

ロスとジルがデートした翌日、レイチェルはロスがまたジルとデートすると聞いて嫌な気分になると告げ、ロスはジルとのデートを断ることに。ジルはロスに振られたと頭に来ていて、レイチェルは自分が止めて欲しいと言ったと正直に話すと、ジルは怒ってしまう。

フィービーはセントラルパークで客からサインを求められる。その客はジョーイにフィービーがAVビデオに出ていると耳打ちし、ロスとビデオを借りに行って見てみると、出ていたのはフィービーではなくアースラだった。

みんなで悲しい映画を見ていても涙一つこぼさないチャンドラー。子供の頃の悲しい思い出を語っても泣きもせず、みんなから心が死んでいると言われてしまう。

ゲスト

ジル・グリーン – リース・ウィザースプーン

DATA

原題:The One Where Chandler Can’t Cry
放送日:2000/2/10
監督:ケヴィン・S・ブライト
脚本:アンドリュー・ライヒ、テッド・コーエン

第15話 空想世界でつかまえて part1

レイチェルの元婚約者バリーとミンディが離婚し、みんな今と違う人生だったらと想像し始める。ロスはキャロルとまだ結婚中で、何ヶ月も夜の生活がない。レイチェルはバリーと結婚していて、街中でロスに会いモニカとも再会。

フィービーは大手の証券会社で働くバリバリのキャリアウーマンだが、1300万ドルの損を出しショックで心筋梗塞を起こして入院。ジョーイは「愛の病院日誌」に出演中で大人気の俳優に。

会社を辞めてジョーク作家になったチャンドラーは金欠状態で、ジョーイのアシスタントになる。モニカは太ったままで30歳超えているのにまだ男性経験がないままである。

ゲスト

ドクター・ウェスリー – ケヴィン・スピルタス
ホープ・ブラディ – クリスティン・アルフォンソ
ドクター・ロジャー – パット・フィン

DATA

原題:The One that Could Have Been, Part 1
放送日:2000/2/17
監督:マイケル・レムベック
脚本:グレゴリー・S・マリン、アダム・チェイス

フレンズ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大