FRINGE/フリンジ シーズン2 第6話~第10話

第6話 灰化

ボストンで男性がそのままの形で灰になるという事件が発生。家具や衣類が焦げていないことから、火が使われずに灰化したのだと言っている。ブロイルズは4年前に同じ事件があり、犯人から化学式を解けと連絡があったが解くことができなかったと語る。

過去の事件は病院と関連があり、被害者の男性も病院に行っていたことが判明。病院内で灰化する事件が起こり、監視カメラの映像を確認すると、影のような男が写っていた。

ウォルターはラボに灰を持ち帰って調べても放射線が検出されず、影は実体を持っていると告げ、化学式を解くのに夢中になる。過去の事件との関連性でトマス・コズロフという男がマッチし、自宅から見つかった指紋を照合することに。

しかし、彼はロシア政府とCIAが追っている重要人物で、ブロイルズは上院議員から捜査中止を命じられる。

ゲスト

トマス – ラビル・イスヤノフ
謎の男 – JR・ボーン
ジェームス・ヴァン・ホーン議員 – ジェラルド・プランケット
CSIの捜査官 – ブレイン・アンダーソン
女の子 – ミーガン・シャルパンティエ
ナタリー・ダンシック – ミシェル・ハリソン
ダイアン・ブロイルズ – カレン・ホルネス
ダーラ看護師 – リンダ・コウ
マクシーン看護師 – ジョアンナ・マーロウ
アレックス・コズロフ – ヤロスラフ・ポベーロ
ランディ・ダンシック – ジョー・タウン

DATA

原題:Earthling
放送日:2009/11/5
監督:ジョン・カサー
脚本:J・H・ワイマン、ジェフ・フラミング

第7話 マインドコントロール

パトカーで誘拐犯を追い詰めた警官達。しかし、警官の一人が仲間を撃ち自分も自殺してしまう。誘拐されたのはマッシブ・ダイナミックの宇宙開発部門のカーソン博士の息子タイラー。誘拐犯の二人組は中古車のセールスマンで真面目で優秀だが、マッシブ・ダイナミックとは全く無関係だった。

ウォルターは警官の死体を調べ、脳に損傷があることからマインドコントロールを受けていたと考察する。タイラーがお腹が空いたというので、三人はコンビニへ。誘拐犯の一人がマインドコントロールで客と店主に大怪我を負わせる。

ウォルターはホワイトノイズをさえぎる機器を使って、FBI捜査官達にヘッドホンで信号を送り、マインドコントロールを防ごうとする。カーソン博士の元へ身代金要求の電話が入り、取引場所でFBIチームは待機していた。しかし、誘拐を企てたのはタイラーで、ピーターが人質にされてしまう。

ゲスト

タイラー・カーソン – キャメロン・モナハン
カーソン博士 – アンドリュー・エアリー
ドビンズ – ヴィンセント・ゲイル
ギブソン警官 – ドロン・ベル
ジェンクス警官 – ライアン・ジェファーソン・ブース
セス・デイビース – ピーター・グレアム=ゴードルー
ウィリアムス警官 – アイリーン・カラス・ルーパー
レネ・デイビース – ジャクリーン・アン・ステュワート
パトリック・ヒッキー – ジョン・テンチ
ブランドン・フェイエット – ライアン・マクドナルド

DATA

原題:Of Human Action
放送日:2009/11/12
監督:ジョー・チャペル
脚本:ロバート・チアペッタ、グレン・ホイットマン

第8話 オーガスト

監視人がクリスティン・ホリスを誘拐する事件が発生。クリスティンはごく普通の大学院生でイタリアに半年留学する予定になっていた。監視カメラの映像から、ピーターとウォルターを助けた監視人とは別人だということが判明。

ウォルターは監視人オクトーバーが残した手帳の文字と血のような跡を調べ始める。マッシブ・ダイナミックのブランドンも文字を調べていて、古代の文字に似ていて、監視人は歴史上の重要なポイントに出現していると教えてくれる。

クリスティンが乗るはずだった飛行機が墜落するという事件が起こり、オリビア達は監視人がクリスティンの命を救ったのではと考え始める。一方、監視人達3人が集まり、オクトーバーが起こした問題を修正するため、殺し屋ドナルドをクリスティンの元へ差し向ける。

ゲスト

クリスティン・ホリス – ジェニファー・ミッソーニ
ドナルド・ロング – ポール・レイ
オーガスト – ピーター・ウッドワード
ダニエル – アリ・リーバート
ディセンバー – ユージン・リピンスキ
ジュライ – エイモス・スターン

DATA

原題:August
放送日:2009/11/19
監督:デニス・スミス
脚本:J・H・ワイマン、ジェフ・ピンクナー

第9話 密航船

ドーチェスターで中国からの破損した貨物船が見つかり、乗組員は全員死亡していた。奇妙なイカに似た生物が体に取り付いていて、ウォルターの見立てでは恐らく寄生虫だろうとのこと。

生存者メイ・リンは病院へ運ばれオリビアとピーターが事情を聞くと、乗船前に酔い止めを渡されたが自分は船に強いので飲まなかったとのこと。来週、メイ・リンの家族が乗った船が中国から着く予定で、オリビアは寄生虫を持ち込むだろうと予想。

積荷記録から造船所の男を引っ張って来ると、タトゥーからトライアドというギャングメンバーだと解るが、取調室で自殺してしまう。金の流れから追い資金を提供したエリザベス・ジャービスに行き着くが、よい投資先だと紹介されただけだと言っている。

ウォルターは寄生虫にかまれ白血球が異常に増えたことから、免疫機能を高める医薬品を作るための虫だとし、チャイナタウンの漢方薬の店へ向かう。

ゲスト

ミン・チェ – ツィ・マー
マット・ジャービス – コルビー・ポール
エリザベス・ジャービス – イングリッド・トランス
タオ・チェン – ジャック・ヤン
ヤン – ブレット・チャン
メイ・リンの娘 – メロディ・B・チョイ
フェイ – ディアナ・ハー
メイ・リンの夫 – フェーン・チェ
メイ・リン – レネ・ウォン

DATA

原題:Snakehead
放送日:2009/12/3
監督:ポール・ホラハ
脚本:デヴィッド・ウィルコックス

第10話 移植

精神病院で脳が露出した状態の入院患者スレーターが発見される。14年も妄想型統合失調症で入院していたのにぴたりと治ってしまった。

脳の検査をしてもどこにも異常がなく、ウォルターは最初にスレーターを診たパリス医師を探すようアストリッドに頼むがパリス医師のデータはどこにもなかった。スレーターと同様に14年前にパリス医師に診てもらった患者2名もすっかり治り、頭に手術の傷跡があった。

病院の監視カメラの映像から、スレーターを手術したのは先日盗まれた人体冷凍保管庫にあった頭と同じ顔ニュートンだとオリビアが気付く。パリス医師はウォルターが入院している時に6回も会いに来ていて、ウォルターの頭にも古い手術の傷跡が。

MRI検査の結果から、正常に戻った3名の脳の傷跡とウォルターの傷跡が一致し、ウォルターの脳組織の一部が3人の脳に保存されていたと判明する。

ゲスト

ウエスト医師 – ジャネッタ・アーネット
スミス – ロジャー・クロス
ジョゼフ・スレーター – ジェフ・ペリー
ルーベル – ケン・クレーマー
デボラ・クランプトン – ドナ・ヤマモト

DATA

原題:Grey Matters
放送日:2009/12/10
監督:ヤノット・シュワルツ
脚本:アシュリー・エドワード・ミラー、ザック・ステンツ

FRINGE/フリンジ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大