ナイトライダー シーズン2 あらすじ

目次

第1話 無敵ゴライアスvsナイト2000

デボンの指示でマイケルはラスベガスでディーラーをしているリタ・ウィルコックスと会い、行方不明になっている彼女の兄ロンを探すことに。リタはマイケルに元恋人のガースにそっくりだと言いカジノでガースを見かけ、不信感を感じていた。

その頃、デボンはウィルトン・ナイトの元妻エリザベスに食事に招かれるが、薬を盛られてキットの分子結合式を自白させられてしまう。分子結合核の化学式は3人が3分の2ずつ知っていて2人以上集まらないと完成しなかったが、化学式を知っている1人はスイスで無事が確認されたがもう1人が行方不明になっていた。

また、ナイト氏の息子ガースは罪を犯してアフリカの刑務所に入っているはずで、マイケルの整形手術をする時にナイト氏はガースに似せたという事実を知らされる。リタから兄が持っていたというロッカーの鍵を預かりキットの検索で場所を特定すると、カセットテープがたくさん入っていた。テープの中でロンはレッドクリフと何度も言っていたが、リタには心当たりがないとのことだった。

リタは兄の行方を探すためにガースの申し出を受けて彼の家で一緒に暮らし始める。リタが探った情報からアフリカの革命家がガースと接触し、彼は分子結合核で覆われた武装トレーラー、ゴライアスを作り上げているのが判明する。マイケルはキットが止めるのも聞かずにゴライアスに向かって行くが弾き飛ばされ、キットは重傷を負いマイケルも砂漠の真ん中で怪我をしてしまう。

第2話 刑務所脱獄!復讐の時限爆弾を探せ!

囚人ピーター・マッコードは仮釈放が決定するが、本人は刑務所から出たくないとその場で暴れだしてしまう。マッコードを出所させなければ市街地で爆弾を爆発させるという脅迫電話があり、FBIら政府機関がマッコードの釈放を認めていた。

FBI捜査官はナイト財団に協力を仰ぎマイケルは囚人としてマッコードと相部屋になり、所長からの呼び出しだと2人とも外へ出たところへキットがやって来て脱獄に成功する。ナイト財団に連れて来られたマッコードはFBIのハンク捜査官に引き渡されるが、本人は殺されると怯えていた。マッコードの様子に疑問を感じたマイケルはマッコードの様子を監視することに。

町中の車の中にマッコードは置き去りにされ、窓ガラスを割って逃げ出すと彼を追う車を見かけてマイケルも後を追うがマッコードには逃げられてしまう。唯一の肉親である娘リサはモデルの仕事をしていてマイケルは会いに行って父親のことを告げるが、父は子供の頃に死んで叔父夫婦に育てられたと言い捨てて去っていく。

リサのトレーラーに2人組の男が隠れているのをキットが見つけ、マイケルは強引にリサを財団へ連れて行く。財団にマッコードがやって来てリサと対面するが、リサは母親を殺したのは父だと叫んで出て行ってしまう。マッコードはずっと無実を主張していて、妻を殺したのは義兄のエリックだったがアリバイを証明する人間が5人もいて自分が捕まったと真実を告げる。

第3話 殺人ヘリ攻撃ミサイルの恐怖!決死の空中戦・超パワー全開

デボンを訪ねて元恋人アメリアの娘カメラが母と3週間も連絡が取れず行方を捜して欲しいとパリから訪ねて来る。マイケルはカメラとアメリアの家へ行き領収書や手紙を探していると、クレジットカードの明細からいつもとは違うガソリンスタンドを利用しているのが判明する。また、日記から倉庫のような写真と何かの青写真が見つかり、マイケルはガソリンスタンドへ行ってみることに。

人気のない道路沿いのガソリンスタンドで店主はアメリアを見かけ、軍の武器払い下げ倉庫の方へ向かったと証言する。倉庫付近でアメリアの日記にはさんであった写真を倉庫と比べると、間違いなく同じものだった。倉庫の警備員に写真を見せると見たことがない女性だと言うが、キットは声に緊張感があり嘘を付いていると見抜く。

帰り道にタイヤのスリップ跡があり、崖下には車の残骸と中に人間の死体があり、周囲には機関銃の跡が残されていることから、キットは空から攻撃されたと分析する。ナイト財団の調べによれば青写真はスレッジハマー・ミサイルのもので、マイケルはこっそり倉庫に忍び込むと武装化されたヘリを見つける。

翌日、デボンとFBIが倉庫の捜索に行くが倉庫の中は空っぽだった。マイケルは元軍人に扮して武器の闇取引きを持ちかけると、相手はアメリアが働いていたエバーソル議員の事務所に電話し、相手の素性を確認するよう指示される。いざマイケルが取引場所に行ってみると倉庫の警備員が待っていて、これは罠だと気付き相手と戦ってバーを逃げ出すしかなかった。

第4話 危うしナイト2000!スクラップ地獄・脱出!空中ターボ噴射!!

ナイト財団にある男から、スクラップ工場を経営するガストナーの犯罪の証拠を握っていると電話があり、マイケルが待ち合わせ場所へ行くことに。ショッピングモールの駐車場へ行きナイト2000に情報提供者が証拠を投げ込むことになっていて、マイケルは目印にキャップをかぶって待っていた。1人の男がキットに近づいてくるが、車に乗った2人組に銃で撃たれてしまう。

マイケルは車の後を追うが逃げられてしまい、ナンバーから車の持ち主はダッドリーだと判明する。近づいて来た男ジョンと一緒にいた女性ジュリーは目が不自由で何も見ていなかったが、ジョンは事件とは無関係でたまたまそこに居合わせただけだった。病院から出てきたジュリーをダッドリー達が襲おうとするが、キットが間に入ってジュリーは無事だった。

ジュリーの協力で救急車を呼ぶと言った男が財団に電話をかけて来た男で、まずはガストナーの手下を捕まえることに。ジュリーにキットを運転してもらってガストナーがよく行く公園周辺を走り、彼女の目が見えると勘違いさせておびき出し警察に逮捕してもらうが、証拠がなく24時間拘留しておくのがせいぜいだった。

ジョンの意識が回復するが男のことはほとんど覚えておらず、マイケルはジュリーと一緒にガストナーのスクラップ工場へ行って声の主を探すことに。

第5話 驚異のスーパーカーナイト2000水上爆進!黄金像の謎を暴け!

マイケルとキットは水上走行のテストをするためにビーチにやって来たが、浜辺にダイバーが倒れているのを発見し、すぐに病院へ運ぶ。ダイバーの名はボビーで彼の姉ジェニファーがすぐに駆けつけて来る。マイケルはボビーの荷物を運ぼうとトランクから出すと何か小さなものが落ちて、その中には金貨が入っていた。

キットの調べではかなり古いもので価値が高いと見ていて、すぐにマイケルはデボンの元へ行き、水上走行のテストよりもこの件の調査をしたいと申し出る。しかし、デボンはテストを優先しろと言うので金貨を見せるとアステカ文明のコインだと興味を示し、ボビーの事件を調べる許可を与えてくれる。

スレイトという学者が書いた本によれば、ボビーが魚などを取っていた近くにアステカの財宝が海に眠っていると書かれてある。
まずはジェニファーに聞いてみるが全く心当たりがないとのこと。ボビーが意識を取り戻したと連絡を受けたマイケルは病院へ行くが、ボビーはカディスとうわごとを言っているだけだった。

デボンの調査で表向きは海洋開発用の船となっているクイーンクエスト号が宝が見つかった近くにいて、マイケルはボートで調査に乗り込む。

第6話 宝石強盗゛黒猫゛の正体を暴け!怪盗キャットvsナイト2000

ある夜、マイケルは泥棒を追っている警備員を見かけ加勢するが泥棒には逃げられてしまう。翌日、新聞社に「ご好意かたじけなく頂戴」と書かれたカードとルビーの高価なネックレスの写真が届けられる。犯行の手口から犯人は連続盗難事件の怪盗キャットだったが、キャットの容疑者レイモンド・ファランはすでに死亡していた。

マイケルはレイモンドの娘グレースに会うが父から盗みは教わったが自分はキャットではないと主張している。キャットの被害者エリオットに会いに行くとネックレスは盗まれていないと実物を見せてくれるが、キットの分析ではネックレスは偽物と出る。キャットは犯罪者から宝石などを盗んでいて、デボンが調べた被害者達の名前をマイケルに教える。

その名前をマイケルはグレースにぶつけるとさらに2名の名前を教えてくれて、父親の遺品の中にあったリストの名前だとのこと。
そんな2人を監視する男、警察のバース警部補は長年キャットを追っていて、グレースを張り込んでいた。

グレースが見つけたリストの中でまだ被害にあっていないフレデリックがパーティーを開き、そこへマイケルとグレースももぐりこむことに。パーティー中に電気が消えるとフレデリックの妻のブレスレットが盗まれてしまい、グレースの姿はどこにもなかった。

第7話 スペシャル・カーを取り戻せ!ナイト2000車ドロ壊滅作戦

デボンはスマイス中佐から借りたクラシックカーペニングトンを運転中に後ろの車にぶつけられてしまう。運転中のブロンド女性は酔っていて代わりにバッグを車まで取りに行ったすきに、女性はペニングトンに乗って走り去ってしまう。

ここ最近、クラシック・カー・ショーが開催されている近辺で車の盗難が相次いでいるため、マイケルはバイヤーのふりをしてショーに潜入し、主催者のスザンヌに車の盗難のことを聞いてみるが何も知らないとのこと。その夜、参加者達のパーティーが開かれ、スザンヌと話していた若い女性カーリーはスザンヌから車を売らないかと持ちかけられたと、不愉快そうに語っていた。

翌朝、カーリーの車が何者かに盗まれ、マイケルはキットと追いかけるが逃げられてしまう。マイケルはスザンヌの部屋に忍び込んでカツラを見つけて毛の一部を持ち去り、何か暗号のようなメモを見かける。

カツラは高価なものではなく暗号は倉庫の暗証番号で、マイケルは倉庫を探りに行くが何も出なかった。マイケルが倉庫を探っている様子をバイクに乗った人物が隠れて見ていて、マイケルが捕まえに行くとその正体はカーリーだった。

第8話 盗まれたナイト2000・知能戦!天才マイコン少年vsキット

車が故障したらしく道路脇で立ち往生している女性を見かけたマイケルは紳士らしく車を止めて、ボンネットの中を調べて修理する。女性アンジェラの家が近くにありどうしてもお礼がしたいと言うので一緒にいってお酒を飲み、音楽を聴いているうちにだんだんと気が遠くなり、気がついた時には見知らぬ場所にいた。

一方、ワゴン車に乗った少年がキットを乗っ取ろうとして、コンピュータへ侵入してキットの車体を自由に操れるようにしてしまう。デボンやエイプリルに事情を説明して連れて行かれた家に行ってみるが、中には何もなかった。マイケルは第六感で近くにキットがいると感じ取り、放置されていたゴミの山からキットを見つけ出す。

マイケルが覚えていた女性の特徴から身元を割り出し一緒にいた少年にエイプリルは見覚えがあると雑誌を持ってきて、コンピュータ大会のあらゆる部門で優勝を勝ち取ったランディだと判明する。

キットはポータブルテレビの中に押し込まれ、ランディの自宅で母親から話を聞き、コンピュータ大会で知り合った女性エイドリアンと付き合い始めてからすっかり変わってしまったとのこと。ランディのコンピュータを調べてみると暗号化されて開けないファイルがあり、暗号名は「オルフェス」となっていた。

第9話 壮絶ジャングル戦!絶体絶命!ナイト2000底なし沼脱出不能!!

ナイト財団に若い女性の声で助けを求めるカセットテープが届く。女性の名はレイラ・キャランで夫クレイ・キャランは殺人罪で刑務所に入っていたのだが脱獄し、自分を狙いに来ると怯えた声で訴えかけていた。クレイが住んでいた町でレイラの聞き込みを行っていたら保安官に理由もなく逮捕され、キャラハン判事の元へ連れて行かれる。

判事はクレイの父親で息子は無罪だと主張していた。町へ戻ったマイケルは牧師からテープを送ったのは自分だと接触を受けるが、何者かに牧師が撃たれ、犯人はパトカーでジャングルの中へ逃げ込んでしまう。

犯人はクレイで沼を何とか跳び越しボートで逃げ、後を追っていたマイケル達は底なし沼にはまってロープで上がろうとするが、ロープをつないだ木が倒れて身動きが取れなくなってしまう。犬が吠える声が聞こえてハンターに助けを求めようとするが、猟犬はマイケルに襲い掛かり気を失ってしまう。

気付いた時には山小屋にいて手当てを受けていて、探していたレイラが住んでいた。翌朝レイラの兄がキットを沼から引き上げて運んで来てくれたが、水に長時間浸かっていたせいでキットのシステムのほとんどが使えなくなってしまう。

第10話 激闘!魔の巨大ダム捜査・ナイト2000決死のターボ・ジャンプ

マイケルは貴重な金属アリジウムを不法に取引している男を追ってダムへ。秘密の扉を見つけて中に入り歯車のようなものを見て何か閃きいったん外へ出るが、手榴弾の攻撃を受けて倒れてしまう。気が付いた時には病院にいて、看護師から名前を尋ねられると死んだはずのマイケル・ロングだと答えた。

鏡を見ると見知らぬ人物の顔になっていて、マイケルは記憶を失っていて2年前のマイケル・ロングに戻っていたのだ。自分が住んでいたはずのアパートへ行ってみるとそこには何もなく更地になっていて、途方に暮れたマイケルに見知らぬ女性がバッグを渡し、中には銃と金が入っていた。

刑事だと思い込んでるマイケルは警察署に行くが知った顔はおらず、自分のID番号を告げると奥の刑事がデボンに連絡を入れる。刑事はデボンが車でマイケルを引きとめようとするが出て行ってしまい、マイケルに気付いたキットが追いかけて行く。キットを不気味に思ってマイケルは逃げ惑うが最後には車に乗り、そのままナイト財団へ連れて行かれてしまう。

デボンとエイプリルの説明を受けるが納得がいかず、記憶を取り戻そうと最後に調べていたダムに行ってみることに。ダムには敵がいてまた襲われキットの協力で車に乗り込んで銃弾から身を守り、手がかりになりそうな女性からもらった財布をキットに分析してもらって、女性の家へ行く。

第11話 危険なクリスマス!強盗犯を目撃した少年を救え!

銀行の現金輸送車が3人組の男に襲われついでに金時計も持って行かれる。泥棒達が車を乗りかえていると通りがかりの少年にぶつかられ、金時計をすられてしまう。泥棒達が少年を追いかけると道路に飛び出した少年はマイケルの車にぶつかり、怪我をしているらしいのですぐに病院へ運ぼうとする。

キットの分析では少年ティノの体にはどこにも異常がなく、盗んだ金時計を持っていた。ちょうどその時、警察無線で銀行強盗が入り金と一緒に金時計も奪われたと流れてきて、マイケルはティノのことを怪しむが、ティのは真実を話してマイケルは信じることに。

犯人達は顔を見られたティノを探していて危険が迫っているとマイケルは判断し、いったんティノの姉マルタに会いに行き安全な場所を教えてもらうことに。

マイケルがマルタと話している間にティノは逃げ出してしまい、マルタから聞いた小屋へ向かうと、強盗犯達もティノを探しに来ていて小屋ごと車で破壊してしまう。外に逃げていたティノは無事で、荷物をまとめてマルタから聞いたジプシーの叔父ステファノのところへマイケルが送って行くことに。

第12話 ナイト2000地中大突入!地図に隠された秘宝の謎を追え!!

デボンの30年来の旧友で冒険家のチャーリー・グレンジャーが訪ねて来てゲストハウスに泊まっていたが、その夜強盗が入って殺されてしまう。チャーリーは本の間に宝の地図をはさんであったがそれが消えていて、場所は娘キャサリンのロケットにあると本に書かれていたため、キャサリンの命が危ないとマイケルが寄宿学校まで迎えに行く。

富裕層のための学校で敷地がとても広く、マイケルはキットと校内を走っている途中で馬に乗った少女を見かけ、何者かに銃で撃たれているのを助ける。その少女こそがキャサリンで父親の死を告げ、荷物をまとめている間待っていたがなかなか戻ってこなかった。

マイケルが探しに行くとキャサリンはパーティーに出席していて、嫌がる彼女をかついで車に乗せてナイト財団まで連れて行くことに。デボンはキャサリンの後見人ストーンに会うがただならぬ雰囲気を感じて、彼女の居所を言わずにいた。

キャサリンをナイト財団まで連れてきてマイケルはチャーリーの持っていた写真を彼女に見せ、15年間アフリカでスパイ容疑をかけられて投獄されていたことを教える。

第13話 トップモデル殺人事件!宝石に隠された陰謀をブッつぶせ!!

マイケルはファションモデル達が撮影している現場へやって来てその中の1人ローレンと熱いキスをしならが、初めましてと挨拶を交わしていた。ローレンはルームメイトのレイチェルが自殺したのが腑に落ちず、ナイト財団へ相談してマイケルが調査にやって来て、ローレンの恋人のふりをすることに。

プロダクションの社長バーニーの家のパーティーからレイチェルが帰る時から様子がおかしかったと言う。まずはレイチェルの恋人カールソンの家を訪ね家の中を調べていると電話がかかってきて、スイスの高級宝石商から宝石を買い取るという内容だった。ローレンの家に行くと部屋の中が荒らされていて犯人を追いかけるが逃げられてしまう。

ローレンの話ではバーニーが撮影用のガラスの宝石をよくモデル達にプレゼントしてくれたと言っていて、もし模造品ではなく本物の宝石だったらつじつまが合うことに気付く。デボンの調べではここ最近、バーニーの事務所のモデルが相次いで空き巣や盗難の被害にあっていた。マイケルはバーニーのパーティーに出席して部屋に忍び込み、金庫から模造宝石を見つける。

デボンにモデル達が行っていた国を探ってもらうと通貨制限の厳しい国ばかりで、バーニーは顧客の財産を宝石に変えてモデル達にもたせて入国し、それを模造品とすり替えて本物は換金して手数料をもらっていると踏む。次の撮影地はメキシコでロレーンもモデルとして撮影に行く予定になっていて、彼女の命が危ないとマイケルも急いでメキシコへと向かう。

第14話 電撃スクランブル!ナイト2000凶悪暴走強盗団を壊滅せよ!!

マイケルはデボンの友人マリエッタからの依頼でヴィスタ・ビーチという町へ行き、連続強盗犯を捕まえるための捜査を行うことに。マリエッタと姪のシンディがやっている画廊も被害にあい、街道レーサー集団のウィークエンド・ウォーリアーズが怪しいと見られていた。

シンディはウィークエンド・ウォーリアーズのメンバーロンと付き合っていて、マイケルはロンから話を聞くために彼らのたまり場のバーに行くが話は聞けずじまいだった。その夜、レースがあると耳にして街道レースをしている場所までロンを探しに行くが、パトカーがやって来てウィークエンド・ウォーリアーズは全員逃げてしまう。

翌日、シンディからロンには前科があることを聞かされ、警察署長は連続強盗の容疑者としてロンを指名手配したと伝えに来るが、シンディは彼の無実を信じていて隠れ場所を教えもらい、助けて欲しいと頼まれる。マイケルがロンに会いに行くと何者かが待ち伏せしていて、ロンはシンディの言うとおり無実だと確信し、ナイト財団のトレーラーまで連れて行きかくまってもらうことに。

マイケルはわざとレースをしようとウィークエンド・ウォーリアーズに持ちかけ、その間に強盗を捕まえることに。毛皮店で警報が鳴り駆けつけるがひと足遅く、警察署長はマイケルが犯人だと疑いトランクを開けさせるが何もはいっておらず、24時間以内にこの町から出て行くよう命じる。

第15話 死線48時間リミット寸前!決死のレール・ウェイ大走破!!

エイプリルの姪ベッキーが倒れて救急車で運ばれ、マイケルはエイプリルを乗せて病院へ。再生不良性貧血のベッキーは肺炎を起こしていて骨髄移植をしなくては命が危ない。

雷雨で市内の回線がダウンしていて医療用データベースにアクセスできず、ベッキーとマッチするドナーを探せない状態だったが、代わりにキットがデータベースとの照合を行って、ベッキーとマッチするフリオ・ロドリゲスという人物を特定する。

マイケルはフリオを探しに町まで行くがフリオはギャング同士の抗争に巻き込まれていて身を隠していて、マイケルを車で尾けて来た男を捕らえてフリオがいる場所まで連れて行かせる。しかし、マイケルの車は相手のギャングに尾行されていて、フリオ達の居場所がばれてしまい、マイケルはフリオを連れて町を脱出することに。

相手ギャングのボスをフリオが銃で撃って殺したと警察や相手ギャングから追われていたが、フリオは撃ってはいないと言う。雷雨のせいで道路封鎖になっていてマイケルは警官に状況を確認している間、フリオの仲間が恋人テリーが相手に捕まったと知らせに来る。

フリオはルーフを開けて脱出し仲間の車でテリーを救いに行くが相手ギャング達に捕まり、小屋にガソリンを撒かれて火をつけられそうになっていた。そこへマイケルとキットが到着し、相手をかく乱するためにキットが警察のふりをして小屋を包囲したように見せ、全員を外へ出させてマイケルが銃を奪う。

相手ギャングの現在のボスがテリーを人質にして銃を突き付け、マイケルは銃を手放すしかなかった。

第16話 激走!殺人レース・荒野に死を呼ぶマッドライダーを倒せ!!

ナイト財団はチャリティー・モトクロスレースのスポンサーになり、去年のレースでレーサーのダニー・デュバルがレース中に事故で死亡したが、ダニーの死は事故ではなく殺されたという手紙が届く。手紙は匿名だったが無視できないとマイケルが真相を探ることに。

去年のレースにも参加していたウェイドは事故はすんだことだと何も語ろうとはせず、Tシャツなどのグッズの売れ行きが良く羽振りのいいリーはケリーが怪しいと言っている。去年の事故に巻き込まれたケリーはレースに熱くなっていて歩くのもやっとなのに無茶な走りをしてマイケルを困らせ、ダニーは親友で事故は自分のせいだと罪の意識を感じていた。

レース前のパーティーではケリーの姉でダニーの婚約者だったサブリナにウェイドがしつこく言い寄り、ケリーがバイクで会場に侵入して来て大騒ぎに。ケリーのバイクに細工されたのではないかと疑い倉庫へ行くと、黒ずくめのバイクに乗った不審人物を発見しキットと追いかけるが、土で滑って車が横転して取り逃がしてしまう。

不審人物は実はサブリナで財団に手紙を送ったのも彼女で、弟に生きていて欲しかったのでバイクに細工をしてレースに出場させないようにしたとマイケルに話す。マイケルは一晩中去年のレースの事故映像を見ていて、朝になってやっとケリーの前輪が回っていないのに気付き、何者かダニーではなくケリーを狙って事故を起こさせたと見抜く。

第17話 替え玉博士略奪作戦

ガース・ナイトが収監されていた刑務所に巨大な装甲車ゴライアスが突入してきて、ガースは脱獄してしまう。マイケルはデボンから、アメリカを訪れているベルグストロム博士と姪のクリスティーナの護衛を依頼される。博士は衛星レーザーを平和的に利用する研究を進めていてアメリカで開かれるシンポジウムに出席することになっていて、敵国が博士を狙っている可能性がある。

ナイト財団主催のパーティーが開かれ、マイケルは博士とクリスティーナと初顔合わせしていると、デボンの元にガースがゴライアスで脱獄したとの報告が入る。マイケルは博士とクリスティーナをホテルに送って財団に戻ると中が荒らされていて、ガースにデボンとエイプリルを連れ去られた後だった。

ガースは恋人のアドリエンヌにゴライアスを復活させて脱獄し、ベルグストロム博士そっくりの男を整形手術で作り上げ、偽者と疑われないように彼の記憶もその男に植え付けていた。

ガースが襲撃に使った車の冷却水が残されていてマイケルとキットはその跡を追うと、デボンとエイプリルが乗った車が目に入るがそれは作り物で、マイケルはキットごと底なし沼に落ちてしまう。その頃、クリスティーナが部屋を離れた隙に博士は誘拐され偽者と入れ替わっていた。

第18話 復讐の罠!マイケルは2度死ぬ・シグナルGO!高層ビル激突

3日間の張り込みでマイケルは犯人を逮捕するがその様子を見ていた男がボスに電話し、マイケル・ロングは生きていると報告する。ナイト財団におもちゃデザイナーのジーナ・アダムスが助けを求めにやって来る。コンピュータ内臓のしゃべるクマのぬいぐるみを開発しある会社に持ち込んだのだが、相手は金を払ってくれないと言うのだ。

早速マイケルはジーナを連れておもちゃ工場へ行くが入口付近で何者かに銃で襲われ、キットが間に入って2人とも無事だった。撃った犯人はボスに車のことを報告するとウィルトン・ナイトが開発したドリーム・カーで、マイケルと車の両方を手に入れてやるとつぶやいていた。

その頃、デボンの元へマイケル・ナイトの墓が荒らされたと連絡が入り、相手は世界的犯罪者のキャメロン・ザッカリーで、マイケル・ロングを撃ったターニャは彼の愛人だった。デボンはこの事をマイケルに伝えてジーナの事件からは手を引くよう伝えるがマイケルは続行すると聞かず、エイプリルはコムリンクが使えなくなった時用にキットに救難信号を送れるペンダントを渡す。

その夜、マイケルはジーナの家へ行っておもちゃ工場を調べに行くと伝えて工場へ向かうと、ジーナはザッカリーにマイケルが30分後に工場に着くと電話していた。工場内に忍び込むがマイケルはただのおもちゃ工場ではないと悟り、キットにメインコンピュータをチェックするよう伝える。

外ではキットを盗もうとザッカリーの手下が動いていて、中では銃を持った手下がマイケルを待ち伏せしていた。おもちゃ倉庫に入ったマイケルだが敵に追いかけられ、キットに頼んでおもちゃを遠隔操作で動かして相手のすきを付いて逃げ出すのに成功する。

第19話 殺人ミサイル壊滅作戦

マイケルは仕事の依頼者ジョアンナに会う為にカレキシコのホテルへ。連邦検事のジョアンナの夫はメキシコとアメリカの国境付近で殺されて発見され、ジョアンナの話では何か密輸について調べていて、バッグの底に陶器のかけらと「蛇の口」という言葉が残されていた。

遺体発見現場と殺害場所は別でタイヤ跡をたどって行くと陶器のかけらを発見し、内側には金の粒子が付着していて、ジョアンナの夫が持っていたかけらと同じものだった。ジョアンナのホテルに戻ると謎の男が部屋から飛び出してくるが逃げられてしまい、通りがかりの青年に不信感を持ったマイケルは車のナンバーをチェックするようキットに指示する。

マイケルはタイヤ跡が途切れていた場所を見張っているとトラックがやって来て中に忍び込むと、陶器の像の中に金塊が隠されていた。倉庫に忍び込んだマイケルは敵に見つかってしまうが、ジョアンナのホテルの前で見かけた男ダルトンに助けてもらう。

ダルトンは司法省に雇われた調査員でメキシコの闇の帝王で武器商人のエデュアルドを調べていて、アメリカの実業家マシューズと接触しているとのこと。彼らが何を企んでいるかを突き止めるためには上流階級への潜入が必要で、顔の利くジョアンナに力を借りて、マイケルとジョアンナでエデュアルドの誕生日パーティーに潜り込むことに。

しかし、マイケルは倉庫で発見した小型ミサイルがどこかへ運ばれようとしてるのを見つけ、トレーラーの後を追うことになり、急遽ジョアンナとダルトンでパーティーへ潜入する。エデュアルドに気に入られたジョアンナは彼の気を引いている間に、ドルトンがマシューズの部屋の金庫から兵器やヘリなどの書類を見つける。

第20話 ビデオテープは死のサイン!芸能界潜入!マイケル歌手に!!

ヒットチャート12位にまでに上り詰めた人気ロックバンド「クラス・アクション」のボーカル、グレッグが麻薬の過剰摂取で死亡する。
彼の恋人スティービーはグレッグが麻薬などやるはずがないとナイト財団に調査を依頼し、マイケルは現地へ。

依頼主が元婚約者のスティービーだとは知らず、マイケルは再会に喜びながらも複雑な気持ちで、オーストラリアで成功したシンガーとしてクラス・アクションのメンバーとして潜入する。コンサート後にスタッフがグレッグの持ち物をスティービーに渡しバッグの中にビデオテープが入っていた。

グレッグは殺される前の晩にビデオを何度も見ていたのをスティービーは不思議に思っていて、スティービーがビデオをチェックすると一瞬だけ不思議な数字の羅列が写っていた。マイケルを呼ぶと家の中が荒らされていて、ビデオは全て盗まれてしまう。

クラス・アクションのビデオは全てバーバラが手がけていてちょうどバンドのビデオ撮影の予定があり、マイケルはマスターテープを探すことに。バーバラはマイケルのことを怪しんでいて情報を集めると、オーストラリアで活躍したシンガーではないとバレてしまう。

野外ロケでマイケルとスティービーの車のブレーキに細工されていて、急カーブで車が止まらなくなりキットの助けで車は何とかストップする。その夜、マイケルはバーバラの事務所に忍び込んで金庫からテープを取り出し、キットに高速ダビングしてもらって数字の暗号を手に入れる。

エイプリルが暗号の謎を解こうとしていて、以前旅行代理店に勤務していた時の知識を生かして、何かの場所と時間だ気付き、デボンとマイケルは麻薬密売のスケジュールだと突き止める。

第21話 巨大ブルドーザーの罠!体当り転落!恐怖の土砂生きうめ

マイケルは建設機器盗難事件を調べるためにツーソンへ。何度も被害にあってる建設会社社長のフランクがナイト財団へ助けを求め、昨日も機械が盗まれて警備員のジョーが殺されかけたと言う。バーでジョーの自宅の住所を聞いて行ってみると部屋で倒れて死んでいるジョーを発見し、部屋の隅には心臓病用の薬が投げ捨てられていた。

普通なら薬は手の届くところへ置いておくだろうとマイケルはジョーの死に疑問を持つ。フランクの元親友で今はライバルとなってしまったロイドに話を聞きに行くが、彼の会社も何度か機械を盗まれていて体よく追い払われてしまう。

最近の盗難現場でキットはタイヤ跡を分析すると特定の成分を検出し、その場所へマイケル達が行ってみると盗まれた建設機械が隠されていた。マイケルが忍び込むが見つかってしまいキットに乗り込んで対応しようとするが、ブルドーザーに穴に落とされ土砂をかぶせられて車ごと生き埋めにされてしまう。

気がついたマイケルは車内に空気があと5分分しか残っていないのを知るがそれをターボブーストのパワーに回し、土砂の中から脱出する。逃げていくトラックを追いかけようとするがキットの故障でスピードダウンし、相手のトラックのナンバーから持ち主はロイドだと判明する。ロイドはトラックは盗まれたものだと主張していて、バーでロイドや彼の手下、フランクまで加わって乱闘騒ぎに。

ナイトライダー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大