リベンジ シーズン3 第11話~第15話

第11話 生還

ダニエルに撃たれて海に落ちたエミリーは緊急用ブイまで何とか泳いで、救難信号を発信しようとする。しかし、落ちた衝撃で送信機が壊れていて上手く作動しない。

ビーチで待っていたジャック達は時間を過ぎてもエミリーが来ないと心配していると、ドレスの一部が流れ着く。エイダンはエミリーを見つけるが怪我がひどく、漁船にエミリーを乗せて漁師に発見させる。

病院に運ばれたエミリーは家族以外は面会できず、ダニエルが彼女と会うと記憶を失っていた。グレイソンに近づけるとエミリーの命が危ないと、エイダンは病室に忍び込んで彼女を連れ出そうとするが、記憶がないエミリーはエイダンを不審者だと怖がって騒いでしまい計画は失敗に終わる。

ゲスト

ニコ・タケダ – ステファニー・ジェイコブセン
アンジェラ・スターマン – ホリー・ホーキンス
ニュースキャスター – メリッサ・マッカーシー

DATA

原題:Homecoming
放送日:2014/1/5
監督:マット・アール・ビーズレイ
脚本:テッド・サリバン

第12話 忍耐

ジャックによって記憶を取り戻したエミリー。ノーランが点滴を交換しに来たスタッフに扮して会いに来ると、記憶もしっかり戻っていて、体も順調に回復していると知ってほっとひと安心する。

しかし、エミリーが目を覚ますと病院ではない場所にいて、ダニエルとヴィクトリアがグレイソン邸にエミリーを連れて来ていた。専任の看護師としてニコが付いていて、彼女はエミリーの師匠タケダの娘だった。ヴィクトリアはエミリーが記憶を取り戻していると察知し、ダニエルを守るために先手を打っていた。

パトリックはヴィクトリアからノーランが持っている秘密の箱を手に入れるよう言われ、ノーランに誘いをかけて一緒にお酒を飲むことに。ノーランはパトリックがヴィクトリアの指示で近づいて来たのを予測していて、酒の代わりに水を飲んで酔ってはいなかった。パトリックはノーランを殴り、秘密の箱を持ち去る。

ゲスト

ニコ・タケダ – ステファニー・ジェイコブセン
ジェシカ・ローチ – ナズニーン・コントラクター
アンジェラ・スターマン – ホリー・ホーキンス

DATA

原題:Endurance
放送日:2014/1/12
監督:サンフォード・ブックステイバー
脚本:サリー・パトリック

第13話 憎悪

エミリーはダニエルに撃たれ子供が生めない体になってしまったことにショックを受けていた。傷口が開きニコに傷を焼いて閉じてもらって、グレイソン家への復讐の決意を新たにする。

コンラッドはヴーレが印刷される直前にアシスタントを金で買収し、記事を差し替える。悪意のある記事だと名誉毀損でヴーレを訴えて、マルゴーにダニエルをクビにしたら訴えを取り下げると申し出て、マルゴーは要求を飲むことに。

ノーランはパトリックに父親の情報を与え、彼がいた孤児院に父親が訪ねて来てヴィクトリアが追い払った事実を教える。実の父にどうしても会いたいと、パトリックはヴィクトリアと一緒に父の姿を見に行き、何があったかを聞かされる。ショックなことが続いたエミリーはブラックアウトするようになり、その間の記憶が途切れて何をしていたか覚えていない。

ゲスト

ニコ・タケダ – ステファニー・ジェイコブセン
ジミー・ブレナン – ブレット・カレン
ロレッタ・マネロ – ジェイン・ブルック
デレク・ロビンソン – ダー・ディクソン

DATA

原題:Hatred
放送日:2014/1/19
監督:ジョン・ターレスキー
脚本:グレッチェン・J・ベルグ、アーロン・ハーバーツ

第14話 回帰

コンラッドのホテルの部屋で目覚めたエミリーは何があったのか全く覚えていなかった。ノーランに頼んでホテルの監視カメラの映像をチェックしてもらうと、コンラッドはエミリーを部屋に送ってそのまま出て行った。

そんなエミリーの元へスティーヴィー・グレイソンから電話が入る。スティーヴィーとのこともエミリーは全く覚えておらず、彼女と会って何を話したのか確かめることに。

弁護士スティーヴィーはエミリーから離婚の相談があると呼び出されたらしいが、当のエミリーは復讐のためにダニエルと離婚する気持ちは全くなかった。

パトリックはギャラリーの火事の修理業者として実の父ブレナンがやって来たので、それとなく過去のことを尋ねてみる。過去に犯した過ちを悔いていると人生をやり直している姿にそれ以上追及しようとはしなかった。

ゲスト

ニコ・タケダ – ステファニー・ジェイコブセン
ジミー・ブレナン – ブレット・カレン
アンジェラ・スターマン – ホリー・ホーキンス
ラリッサ – ティナ・カスチアーニ

DATA

原題:Payback
放送日:2014/3/9
監督:ロメオ・ティローン
脚本:スニル・メイヤー、クリストファー・ファイフ

第15話 苦悩

スティーヴィーはジャックに実の母だと告白するが、ジャックは今さら受け入れられないと拒絶してしまう。エミリーに相談してチャンスをあげたらとアドバイスされ、スティーヴィーの話を聞くことに。

コンラッドとの結婚で酒びたりの日々を送っていて、ストアウェイに通っているうちにカールと関係を持つようになったと語る。グレイソン家の所有をめぐってヴィクトリアとコンラッド、スティーヴィーの対立は激化するばかり。

エミリーのブラックアウトはひどくなるばかりで、自分の大切なものを片っ端から壊していた。コンラッドの部屋に忍び込み誰か連れ去られ、その人物はエイダンだった。エイダンはエミリーにタケダに教わった潜在意識から解き放つ修行を行う。

ノーランは美術展にステファノ・レオーネを呼んだとパトリックに告げ、パトリックは自分の絵を美術展に出すことに。

ゲスト

ブルックス – スティーヴン・ストレイト
ミッキー – トラヴィス・マイヤーズ
ジョアン・ブランナー – サチーン・パディーヤ
ポール・チャーニー – ポール・ノーウッド
ステファノ・レオーネ – ゴンザロ・エスクデロ

DATA

原題:Struggle
放送日:2014/3/16
監督:クリストファー・ミシアーノ
脚本:マイケル・J・シンキューマニ

リベンジ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大