スピン・シティ シーズン3 第24話~第26話

第24話 ウォール街

男性陣が集まってカードゲームをしてジェームスが勝ったのだが、せっかく儲けたお金を服に入れたまま洗濯してしまって、お金が消えてしまう。兄貴代わりのマイクはジェームスに金銭管理の方法を身に付けさせるために株を買うようアドバイスする。

犬を飼っているからという理由で、ジェームスはIT系のワンワン.comの株を全財産で買ってくれてと小切手をマイクに預ける。しかし、マイクは危ないからと株を買わなかったのだが、翌日、株が暴騰して300万ドルの儲けがでて、ジェームスは有頂天になっている。

市長のフィギュアを作ることになりポールが担当するが、最初にできて来たものは一部分造形に難ありだった。そこで、翌日までに新しいフィギュアを完成させるために、プロレスラーの体に市長の顔をくっ付けたものを作ってしまう。

ニッキーはみんなからマイクとの夜の生活を詮索されて、うんざりしている。

ゲスト

ミッチ・パーカー – ジョン・スチュワート

DATA

原題:Wall Street
放送日:1999/5/11
監督:アンディ・カディフ
脚本:フィリップ・ウェン、ビル・キャラハン

第25話 クラマゲドン

ニッキーは風邪を引いてしまって、マイクのアパートで安静にして仕事は休むことに。動物虐待反対キャンペーンの助っ人として、市長がハイディを連れてくる。

元恋人との久々の再会に動揺したマイクはステイシーの横槍でニッキーと付き合っていることをハイディに告げるが、結婚は考えていないとつい軽い付き合いのようににおわせてしまう。そのせいかハイディは昔の気持ちに火がついてしまって、マイクにあの手この手で誘惑しようとする。

市長は記者会見中に記者達が退屈そうにしているのを見て、ポールと相談して漫談風にジョークを交えて会見を行うと、これが大うけですっかり気に入ってまう。しかし、ジェームスはまじめな内容の会見にジョークは合わない、市長のジョークはつまらないと反対する。

ステイシーの心理ゲームで橋とうさぎで話を作ってみてと言われて、スチュアートはお金でうさぎを買い、カーターはうさぎはすれ違っただけとそれぞれストーリーを作るが、橋は人生、うさぎは愛を象徴していると聞かされる。

DATA

原題:Klumageddon (Part 1)
放送日:1999/5/18
監督:アンディ・カディフ
脚本:カーク・J・ルデル

第26話 クラマゲドン PART2

マイクのハイディに関するちょっとした発言でニッキーを怒らせてしまう。何とかニッキーとの仲を修復しようとハイディとニッキーとの3人で話し合おうとするが、余計にニッキーを怒らせるだけだった。

ジャネルは市長との仲に未来はないと別れを切り出そうとするが、市長は聞く耳持たず。そこで、マイクに相談に行きマイクが市長に別れ話をすることに。そのことをたまたまマイクとカーターが話している時、机の下でコンセントをいじっていたニッキーはマイクが自分と別れたがっているのだと勘違いしてしまい、自分から別れようと言ってしまう。

大きな手の持ち主ポールはマッサージの達人で、いつもステイシーのマッサージをして喜ばせている。しかし、ジェームスはツボ押しの名人でステイシーのマッサージ師として合格し、ポールはお払い箱に。

いつもハイディから煙たがられているスチュアートは彼女の動物好きを利用して、カーターの飼い犬ラッグズをハイディにプレゼントしてしまう。

DATA

原題:Klumageddon (Part 2)
放送日:1999/5/25
監督:アンディ・カディフ
脚本:ビル・カラハン、フィリップ・ウェン

スピン・シティ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大