ビッグバン・セオリー シーズン1 第16話~第17話

第16話 誕生日パーティーを秘密にする法則

ペニーがレナードの誕生日サプライズ・パーティーを企画して、とんだドタバタ劇に発展してしまいました。シェルドンはプレゼントしない主義なのをペニーが説得して、プレゼントを買いに家電量販店へ連れて行きますが、なぜか店員代わりにお客さんの相手をし始めます。

この店の店員さんはシェルドンに好き勝手させていて、ペニーが警備の人を呼ぶまで気づかないなんて、ちゃんと仕事しないとだめですね。

ハワードは部屋からレナードを連れ出す担当でしたが、ゲームに夢中でなかなか動こうとはしません。裏技を使ってピーナツアレルギーでピーナツを食べちゃったとウソをついて、病院に連れて行ってもらいます。

病院で看護師さんに仮病だとばらして口裏を合わせてもらおうとハワードは頑張るのですが、見事に撃沈してしまいました。病院ですから仮病じゃ治療してもらえないし、帰れって言われるのがオチです。

そんなことでハワードは引き下がらず、レナードを引き止めておくために本当にピーナツ入りのお菓子を食べてしまって、見るも無残に体中腫れ上がっていました。ハワードが女の子を紹介してもらうためにここまで体を張るとは思いませんでした。命に別状なくてほんと良かったです。

第17話 シュレーティンガーの猫の法則

ペニーとレナードが急接近でドキドキしました。ペニーはボーイフレンドのマイクが2人の体の関係のことをブログに載せたせいで、今までにないくらい怒りまくっておりました。窓からペニーが投げ捨てたiPodをラージが拾って喜んでいたのも面白かったです。

そんなペニーをなぐさめようとするレナードですが、ボーイフレンドと元さやに戻すようなアドバイスをしてしまいます。ペニーを好きなはずなのに大失敗してしまったのも、ペニーに元気になって欲しかったからなんでしょう。

マイクの家から帰ってきたペニーはさらに傷ついていて、今までとは違うタイプと付き合いたいと言い出し、やっとここでレナードが名乗りをあげます。とうとう告白したかとここまでレナードを見てきたせいか、ついにんまりしてしまいました。

デートしたら友情が壊れてしまうんじゃないかと不安になって、ペニーは何とシェルドンに相談してしまいます。めんどくさいことになるぞと思っていたら案の定で、あれこれと講釈をたれ始めますが、意外とペニーの心にしっくりきたらしく、不安は解消されたみたいでよかったです。

デート後のことは語られていなかったので、次のシーズンに持ち越しですね。2人が上手くいったのかいかなかったのかがとても気になります。

ビッグバン・セオリー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大