ビッグバン・セオリー シーズン4 第11話~第15話

第11話 コスプレはジャスティス・リーグの法則

いつもの4人にペニーとザックを加えた6人で、仮装パーティーに出席するエピソードです。前回、偶然ザックに会ったペニーは心惹かれるところがあったのか、またザックと付き合うようになったんですね。おバカは嫌だと言っていた割には4人がザックをからかっているのを見て、怒っていたというのはザックに少なからず気があるんでしょう。

レナードを筆頭にザックに謝ってなぜか4人とザックがつるむようになり、5人でコミックストアで楽しめたようです。オタクとは無縁そうなザックでもコミックにハマっているということは、アメリカのコミック人気は相当高いのかもしれません。

コミックストアでやる年越しの仮装パーティーでジャスティスリーグの仮装をすることになり、ザックもノリノリで参加することになります。確かにザックはガタイがいいからレナードよりはスーパーマン向きで、仮装もかなり似合っていました。

シェルドンがすっかりフラッシュになりきっているところもすごかったし、みんな気合いが入っていてコンテストで優勝できてよかったです。ただ、複雑な心境だったのはペニーです。

レナードへの思いもまだあるし寂しさのすき間を埋めるためだけにザックと付き合っているだけだから、自分の気持ちにどう対処したらいいのかわからないのかもしれません。レナードとのこともあるし、ペニーが恋愛するのにはもう少し時間がかかりそうです。

第12話 アプリ開発とバス・ズボンの法則

いつものシェルドン節炸裂で、迷惑をこうむってしまったのはペニーでした。

レナードが方程式をスマホで撮影すると計算してくれるアプリを開発しようと言い出して、みんなも賛成して協力して作り上げることになるんですが、やたらとシェルドンがリーダーシップを取りたがります。そんなシェルドンにレナードはとうとう切れてしまって、アプリチームから追い出してしまいます。

シェルドンの反撃の仕方がなかなかユニークで、ラージやハワードを自分側に引き込もうとオリジナルなマグカップやキーホルダーなんかをプレゼントします。

シェルドンは本気で小物ごときでハワード達がレナードを裏切って自分側に付くと思っていたんでしょうか。もうちょっと価値があって高価なものじゃないとなびいてくれないし、ハワード達がレナードとの友情を壊すとは思えないから案の定の展開です。

大学に車で送ってもらえなくて、バス・ズボンをはいてシェルドンは通勤するはめになってしまって、ちょっとかわいそうでした。そんなかわいそうなシェルドンに手を差し伸べてくれたのはペニーです。いつもロビーの階段に座ってシェルドンがさみしそうにしてるとペニーが助けてくれて、今回も結果は見えているのに見捨てられずに部屋に呼んだペニーは本当に優しいですね。

第13話 男女7人、部屋割りの法則

みんなで楽しく旅行するはずだったのにハプニング続きで、帰りはみんなどっと疲れているようでした。ペニーもエイミーに誘われて科学シンポジウムに参加できることになり、エイミーがペニーを親友扱いしていて、ペニーもゴージャスなホテルやスパを楽しみたいだけで、旅行に行くことにOKしたみたいです。

当然、仕切り屋シェルドンが旅の監督になって、トイレタイムや誰がどの車に乗るかを事細かに決めていて、やっぱりなという感じです。文句を言ったペニーは車から放り出されてバーナデット達の車に乗りますが、こっちはこっちでうんざりするようなラブラブモードで残念でした。

ホテルの部屋もみんなが入れ替わり立ち替わり部屋を変えていました。事の起こりはバーナデットが背が高くてカッコいい元彼のグレンと会って、ハワードが嫉妬したからですね。あまりにみんなの部屋移動が多かったし1人が部屋を移動するたびにその理由を付け加えていくんですが、どんどん長くなっていくのに笑えました。

一番かわいそうだったのはラージですね。何も悪いことはしていないのに部屋にシェルドンが押しかけてきて、映画を見ようとしていたのを追い出されてしまって、見たかった映画も見れずほんと災難でした。

第14話 講義と演技の法則

シェルドンが大学で学生相手に講義をするんですが、いつもの調子で高圧的で人を見下したような態度で講義をして、学生達の反応は冷たいものでした。シェルドン自身は講義は大成功だと思い込んでいたのですが、ラージがネットでつぶやかれている学生達の感想を見せると落ち込んでしまいます。

虫みたいだという感想に虫なら足は6本あると当たり前の反抗をしていたシェルドンがかわいかったです。そんなシェルドンにエイミーがナイスなアドバイスをして、シェルドンはペニーから演技のレッスンを受けることにします。

ペニーも厄介な生徒を抱えてしまって、即興のレッスンではシェルドンはフローズンヨーグルトを連発していて、よほどシェルドンはフローズンヨーグルトが好きなんでしょうね。

一方、恋人ができないラージを励まそうと、バーナデットがラージはセクシーよと言ってしまいました。バーナデットはただラージを元気付けようと言っただけなのに、ラージの中で妄想が広がりまくっているのが笑えます。

必ずハワードが窮地に追い込まれて外国に行かされたり交通事故にあったりして、バーナデットを頼むとラージに託すんです。最後のラージとバーナデットのインド風音楽に乗せたダンスと歌は爆笑もので、今後も2人のこんな姿が見たいですね。

第15話 研究資金とバイ菌恐怖症の法則

いつもの4人が学長から研究資金集めのパーティーに出席するよう命じられますが、シェルドンは下らないパーティーには行きたくないと拒否します。残りの3人は張り切ってパーティーにやって来るのですが、大口寄付者のレイサム夫人にやり込められてしまいます。

おいしそうなエビを食べていたラージは夫人の気晴らしの種にされてしまって、ビビってエビが食べられなくなったのがかわいそうでしたが、つい面白くて笑ってしまいました。

レナードは夫人に気に入られて翌日食事に誘われますが、食事の後でとんだハプニングが起こります。ある程度予想していた展開でしたが、純真なレナードはキスされるまで本当の目的はわからなかったことでしょう。

その後のシェルドンの行動が実にシェルドンらしいです。新しい機器をゲットできるかどうかがレナードにかかっていると知ったとたん、いかに夫人を落とすかをレナードに指南し、嫌がるンレーナドをたきつけます。

一夜をすごすために必要な小道具を用意してあげたり、ペニーにアドバイスを求めて夫人の若い頃の写真を手に入れたりと、レナードをその気にさせよういつも以上に活き活きしていました。何とかレナードは夫人から寄付を取り付けますが、さらにシェルドンは次の機器まで狙っていて、レナードに何かさせようと目論んでいたのが笑えます。

ビッグバン・セオリー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大