ビッグバン・セオリー シーズン6 第21話~第24話

第21話 中途半端が許せないシェルドンの法則

何でも完璧に終わりにしないと気がすまないシェルドンを、エミリーが中途半端でも気にしないように矯正しようとするストーリーです。ゲームやケーキのろうそく消しなど、どれも途中でストップさせられて、シェルドンにとってはどれも地獄のようにイライラと欲求不満が募っていくばかりでした。

最後にはエミリーに感謝していると見せかけて、全部やり直しして最後まで完璧に終わりにしてすっきりした様子で、爽快感に満ち溢れていました。

ペニーはレナードにバフィーのDVDを見せられて、色んなものに夢中になれるレナードがうらやましいとちょっぴり悩んでいます。レナードの趣味はオタクなので合わせる必要はないと思うけど、ペニーやファッションやメイクなど、夢中になれるものはいっぱいありそうなのに不思議です。

バーナデットに相談して、微生物に夢中になった経験を話している彼女はいつもながらに淡々とした恐怖を感じました。

ラージはルーシーと上手くいっているみたいなんですが、彼女のブログを見つけて自分が女性的だと書かれていたことにショックを受けてしまいます。

男らしくみせようと無理のあるホッケー好きになっていましたが、そのまんまの優しいラージをルーシーは大好きだったのが解ってよかったです。ようやくラージにも幸せが訪れたから、このままハッピーでいてほしいですね。

第22話 プロトン教授のお宅訪問の法則

シェルドンが子供の頃に見ていて大ファンだった、テレビの科学番組に出ていたプロトン教授を自宅に招くことになりました。前の晩からシェルドンがウキウキしていて眠れなくて、レナードの睡眠まで邪魔していたのがかわいくて本当に子供みたいでした。

プロトン教授はかなりお年のようで、階段を上るのにヘバってしまって3階でひと休みしていました。そんなことはおかまいなしで、シェルドンは自分がいかに大ファンかを教授に話して、教授がドン引きしていたのがおかしかったですね。レナードもシェルドンほど騒がなかったけど、プロトン教授の番組は見ていたようで、レナードにとってもヒーローのような存在みたいです。

ペニーがいいアクセントになっていて、バカ丸出しでプロトン教授の実験に興味津々で、本気で驚いて楽しんでいたのがおもしろかったですね。的確に教授が「無理だ」と言っていた間が抜群だったし、悪気のないペニーのボケも笑いを誘いました。

お年を召したプロトン教授のちょっと悲しいエピソードもペーソスを感じましたし、笑いと涙、ほっとする微笑ましさのバランスが絶妙で、大好きなエピソードになりました。

ウザいくらい教授にまとわりついていたシェルドンでしたが、子供の頃の感動を忘れずにいて、レナードも言っていたように、シェルドン世代の科学者に教授は大きな科学の功績を与えたんですね。シェルドンにとっては人生で忘れられないほど素晴らしい1日になってよかったです。

第23話 愛の呪文の効果

男性4人はTRPGを楽しみ、女性3人はベガスで大冒険をするつもりだったんですが、予定が総崩れになってしまいました。最初にラージがルーシーとのデートで抜けて、代わりに女性達が空港のトラブルで戻って来てゲームに加わることになります。

いつもゲームマスターはレナードだったんですが、ハワードの盛り上げ方が素晴らしくて変化を嫌うシェルドンも大歓喜です。イベントのたびに効果音やモノマネをさせて、さすがにハワードもお疲れモードでしたね。

女性が加わってペニーがお酒を作ってゲームはいつも以上に盛り上がっていました。そのうちにエイミーとシェルドンのゲームキャラをくっ付けようとサイコロを振るんですが、エイミーが落ち込んでしまってシェルドンの部屋に閉じこもってしまいます。

現実には起こりえないことをネタにされたのがショックだったんでしょうし、みんなに笑われてバカにされたと思ったのかもしれません。そんなエイミーをシェルドンらしい慰め方で元気付けて、2人きりのゲームの行方が気になります。

ルーシーとデートだったラージにもちょっとしたハプニングが起きます。レストランで料理に文句を言ってみたいというルーシーに勇気を出させるためにラージがウエイターを呼ぶんですが、ルーシーにはプレッシャーで何も言えなかったようです。

最初のデートみたいにトイレから逃げ出してしまいますが、鍵がかかっていてフェンスが開かなかったんです。置いてけぼりを食らったラージもショックだったでしょうし、笑えない状況なのにフェンス越しのキスが妙にロマンチックでした。

第24話 それぞれに訪れた転機の法則

レナードに仕事で大チャンスが訪れました。北海でのホーキング博士の調査に参加することになったんですが、4ヶ月も家を空けることになります。真っ先に反応したのがシェルドンで、レナードがいなくなる寂しさや不安、レナードが認められた嫉妬心から、色々とよくないことを吹き込んでレナードを止めようとします。

一番効き目があったのがペニーと4ヶ月も離れるというのを持ち出したことで、さすがのレナードも心配になったみたいですね。ペニーと話し合って、将来のためにも北海行きをレナードは決めます。レナードのキャリアのためだと快く送り出したペニーが素晴らしかったです。

そんなペニーにレナードを引き止めてもらおうとするシェルドンの気持ちもわかりますが、ペニーから嫉妬を隠して笑顔になる方法を伝授してもらいます。レナードの送別パーティーで披露して大成功だったし、自分でも言ってたようにペニーを超える演技力でCMにも出れるかもしれません。

ラージにも大きな転機が訪れました。ルーシーを仲間に会わせようとするんですが、まずは1人だけを選んでエイミーと会ってもらいます。ラージがルーシーに気を使いすぎてプレッシャーをかけてしまって、結局別れてしまいました。

ルーシーにしてみれば少しずつ社会に適応できるようにがんばっていたんでしょうが、好きなラージの期待に応えられないし、ちょっとしたことでラージに追い込まれて苦しかったのかもしれません。失恋のショックがラージを変えてくれて、お酒なしでも女性と話せるようになったのは大きな変化でしたね。新しい自分になってラージも幸せな恋をこれから見つけてほしいです。

ビッグバン・セオリー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大