ウォーキング・デッド シーズン1 第1話~第6話

第1話 目覚めの朝

保安官のリック・グライムズは逃走犯を確保するために相棒のシェーンと現場へ向かう。銃撃戦で撃たれ重症を負い病院へと運ばれ、意識が戻った時には枕元に枯れた花が置かれていた。

病院は廃墟と化していて外には死体の山が。自宅に戻っても妻ローリと息子カールの姿はなく、偶然助けられたモーガンとデュエインの親子からウォーカーというゾンビがはびこっていることを聞かされる。

警察に行ってショットガンなどの武器を手に入れ、モーガンからアトランタには大規模な避難施設がありローリ達もそこへ向かったのではと聞かされて、アトランタへと車を走らせる。

ゲスト

モーガン・ジョーンズ – レニー・ジェームズ
ラム・ケンダル – ジム・R・コールマン
レオン・バセット – リンズ・エドワーズ
ジェニー・ジョーンズ – ケイシャ・ティリス
デュエイン・ジョーンズ – エイドリアン・カリ・ターナー

DATA

原題:Days Gone Bye
放送日:2010/10/31
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン

第2話 生き残るための方法

リックは戦車の中に逃げ込んだまではよかったが、周りはウォーカーだらけで戦車も取り囲まれてしまい逃げ場がなくなってしまう。半ば諦めかけていた時に無線から声が聞こえてきて、逃げる方法を指示してくれた。

声の主グレンとその仲間達と合流。彼らは避難キャンプから食料を求めてやって来ていた。屋上から銃を撃ちまくりボス気取りのメルルをリックを制して手錠でつなぎ、逃げ出す方法を探ることに。

ウォーカー達は臭いに反応するので、ウォーカーの死体を斧で叩き割って内臓や血液をコートに付けてバンを盗み出すことに。リックとグレンが外に出てウォーカーに紛れ、計画は上手くいくように見えたのだが…。

ゲスト

モラレス – フアン・パレハ
メルル・ディクソン – マイケル・ルーカー

DATA

原題:Guts
放送日:2010/11/7
監督:ミシェル・マクラーレン
脚本:フランク・ダラボン

第3話 命を懸ける価値

メルルはデパートの屋上に手錠でつながれたまま取り残されていた。ウォーカーが押し寄せてきて何とか手錠を外して逃げようと、近くにあったベルトを駆使して道具を取ろうとしていた。

グレン達は無事にキャンプに戻り、新入りとしてリックをみんなに紹介しようとすると、ローリとカールがいち早く彼の姿に気付いて再会を喜び合う。Tドッグを始めとしてリックもメルルのことを心配していて、自分のせいで置き去りにしたと彼の弟ダリルに説明する。

そして、ダリル、リック、グレン、Tドッグでメリル救出にアトランタへと向かう。リックのいない間ローリとシェーンはひっそりと情事を重ねていたが、リックが戻ってからというもの二人の間がギクシャクし始める。

ゲスト

メルル・ディクソン – マイケル・ルーカー
ダリル・ディクソン – ノーマン・リーダス
モラレス – フアン・パレハ
エド・ペルティエ – アダム・ミナロヴィッチ
イライザ・モラレス – マディー・ロマックス
ミランダ・モラレス – ヴィヴィアナ・チャベス
ルイス・モラレス – ノア・ロマックス

DATA

原題:Tell It to the Frogs
放送日:2010/11/14
監督:グウィネス・ホーダー=ペイトン
脚本:チャールズ・H・イグリー、ジャック・ロジュディス、フランク・ダラボン

第4話 弱肉強食

ダリル達がデパートの屋上に着くとそこには切り落とされた手と血の付いた糸ノコが残されていた。ダリル達が血の跡をたどって行くと、メルルは止血して傷を焼きデパートから脱出した後だった。

リックの銃の入ったバッグを取りに行くと数人のギャング風の青年数人にグレンがさらわれてしまう。人質としてこちらもミゲルを捕らえてグレンと交換しようと、彼らのアジトへ乗り込む。

リーダーのGと交渉が決裂し銃撃戦でグレンを救出する手はずだったが、ここでは老人や病人などが暮らしていて、Gが管理者として彼らを守っていた。キャンプではジムが朝から休みなく穴を掘っていて、みんなが止めようとしても穴掘りを休もうとせず、仕方なくシェーンがジムを拘束することに。

ゲスト

ダリル・ディクソン – ノーマン・リーダス
モラレス – フアン・パレハ
フェリペ – ノエル・グーリーエミー
エド・ペルティエ – アダム・ミナロヴィッチ
イライザ・モラレス – マディー・ロマックス
ギレルモ – ニール・ブラウンJr
ミゲル – アンソニー・グアハルド
アブエラ – ジーナ・モレッリ
ジョージ – ジェームス・ゴンザバ
トラビス – クリス・バンクス

DATA

原題:Vatos
放送日:2010/11/21
監督:ヨハン・レンク
脚本:ロバート・カークマン

第5話 救いを求めて

キャンプがウォーカー達に襲われて数名の犠牲者が出る。ダリルは死者の頭を破壊して死体を焼こうとするが、グレイは仲間なのだから手厚く葬ろうと提案する。

アンドレアは妹エイミーのそばを離れようとはせず、エイミーのウォーカー化が始まり、自ら銃でエイミーの頭を打ち抜く。ジムはウォーカーに噛まれて高熱を出し、森にこれ以上いるのは危険、ジムを助けるにはCDCに行くのがベストだとリックが提案する。

シェーンはCDCが機能している保証はないと反対するが、しばらくしてリックは信頼できる人物だと彼の案に賛成する。翌朝、リックはモーガン宛にメッセージを残し、仲間達は車を連ねてCDCへと出発する。途中、ジムの具合が悪くなり、ジム自ら車を降りる決心をする。

ゲスト

ダリル・ディクソン – ノーマン・リーダス
エドウィン・ジェンナー博士 – ノア・エメリッヒ
エド・ペルティエ – アダム・ミナロヴィッチ
イライザ・モラレス – マディー・ロマックス
ミランダ・モラレス – ヴィヴィアナ・チャベス

DATA

原題:Wildfire
放送日:2010/11/28
監督:アーネスト・ディッカーソン
脚本:グレン・マザラ

第6話 残された希望

一行はCDCに到着するが、周りはウォーカーの死体だらけで施設は重くシャッターで閉ざされていた。みんなの様子を防犯カメラが捉えていて、リックたちの助けという声に答えるかのようにシャッターが上がりみんなは中へと入る。

CDCにはたった一人ジェンナー博士がいるだけで、他の研究者達は家族のところへ戻ったり自殺してしまったらしい。久しぶりのワインとおいしい食事、温かいシャワーにみんなは笑顔を取り戻し、つかの間の休息を味わう。

翌朝、カウントダウンのデジタル表示がされているのに気付くが、博士は口を閉ざして何も語ろうとはしない。リックやシェーン達は発電室を確認しに行くと、燃料タンクが最後の一つとなっていた。

ゲスト

ダリル・ディクソン – ノーマン・リーダス
エドウィン・ジェンナー博士 – ノア・エメリッヒ
キャンディス・ジェンナー – クレア・ブロンソン
Vi – ジュディ・M・デュラン

DATA

原題:TS-19
放送日:2010/12/5
監督:ガイ・ファーランド
脚本:アダム・フィエロ、フランク・ダラボン

ウォーキング・デッド

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大