ホワイトカラー シーズン2 第4話~第6話

第4話 お喋りな仲介人

モジーが心を寄せるウェイトレスのジーナがある日、2人組に連れて行かれてしまう。直前にジーナはある小説のことをモジーに言い残し、不審な点を感じたモジーは彼女の身が危ないとニールに助けを求める。ニールはFBI捜査官にジーナの身辺を調べてもらい住所を突き止めると家の中が荒らされていて、机に「サルズ」と書かれていた。

その頃、ピーターはニールがジーナの件を調べさせた捜査官からジーナについて連絡があり、彼女が最後に連絡を取った相手トミはジーナの恋人トミーで、彼のボスがコロンビアの武器商人ナバロだと突き止める。ニールとモジーはシガーバーサルズに向かいニールが中に忍び込むがナバロに見つかってしまう。

危機一髪のところへピーターが駆けつけて、コソ泥だとニールを連れ帰ることに。ニールはトミーがナバロの運転手で彼の金10万ドルを持ち去ったと気付く。ニールとモジーから全ての事情を聞いたピーターはジーナのカードの利用明細から公園でナッツを買ったと解るが、モジーから彼女がナッツアレルギーだと知らされる。

カメラの映像からジーナはトミーに連絡を取るが罠だと知らせ、トミーは携帯をゴミ箱に捨てて逃げてしまう。FBIはトミーの携帯を見つけメッセージを確認するとナバロからのメッセージが残されていて、ニールとモジーは捜査から外されてしまう。

ミステリー小説のようなモジーとジーナの淡い恋でしたが、結局実りませんでした。
完璧な交換はモジーもニールも仲介人の存在を考えていなくて、大きな穴がありモジーの命が絶体絶命に。
モジーの身を案じるニールにピーターが「その感覚を覚えておけ」と忠告したのは、いつも自分はこんな思いをしてるんだぞという気持ちの現れですね。
恋人のトミーは逃げ出したのにモジーはジーナのために自ら危険に飛び込み、カッコいいヒーローになれました。
もう一つ、一歩踏み出してモジーがFBIに行ったのも勇気ある行動です。

第5話 逃げゆく真相

保険調査員サラ・エリスからの依頼でピーターとニールは盗まれた日本企業の無記名債券を探すことに。ニールはサラと因縁があり、5年前の裁判でサラはニールに不利な証言をし、盗まれたラファエロの絵の在り処を聞き出そうとする。サラの話では不動産業のハルブリッジが運び屋ブラックを使って債権を動かそうとしているとのこと。

ニールはモジーとケイトの乗った飛行機の残骸が保管されている倉庫へ忍び込み、空中で爆破するつもりだったが何らかの理由で爆発が早まったのだと見ていた。ブラックボックスが見当たらず警備がやって来て、とっさにニールは保険会社のふりをしてブラックボックスのコピーを送れとサラの名刺を渡す。

ハルブリッジはブラックの顔を知らないため、ニールがブラックのふりをして待ち合わせ場所に行き、会話の内容を張り込み中のピーター達が聞いていた。車に乗せられると通信が切れてしまいニールは革手袋とアタッシュケースを渡され、中には銃が入っていた。目的地に到着するとそこはサラの家で、ハルブリッジはブラックにサラの殺害を命じていて、捜査を進めるためにサラに死んだという芝居をしてもらうことに。

サラはやり手の保険調査員で盗品を見つけて取り返すのが仕事のようですね。
ニールが盗んだラファエロを未だに見つけられていないのが悔しくて、隙あらば取り返そうとする執念がすさまじいです。
そんなサラを利用してブラックボックスをサラ宛に送らせたニールは未だに取り返せずで、どうやって回収するのでしょうか。
事件はすっかり解決していたから、FBIが帰った後にサラは郵便を開けたかもしれませんね。

第6話 非道なビジネス

ニールはバイヤーに成りすまし宝石泥棒の女性キャサリンから10万ドルで宝石を買おうとしていて、取引を止めさせようと仕向けるが効果がなく、FBIが突入してキャサリンは逮捕されてしまう。後部座席には子供がいてとても泥棒だとは思えなかった。

キャサリンから事情を聞くと、養子斡旋専門の弁護士ドノヴァンから生みの親が子供を返せと言ってきて、丸く収めるには10万ドル必要で、どうしても子供と離れたくなくて出来心で宝石を盗んでしまったとのこと。モジーはサラの自宅に侵入して爆破された飛行機の録音データを盗み出してニールに渡すが、ニールはすぐに聞こうとはせずその気になったら一緒に聞いてくれと頼まれる。

ピーターはドノヴァンに話を聞きに行った帰りに人食いクラークことチェチェンのマフィア、アブラモフの側近とすれ違う。アブラモフは違法カジノをやっていてドノヴァンはそこの客として出入りしていて、ニールが潜入して情報を探ると、ドノヴァンはアブラモフに20万ドルの借金があると解る。

金曜のカジノでドノヴァンは稼いでアブラモフに借金を返すつもりらしが、それを阻止するためにニールもカジノに参加することに。また、ドノヴァンの尻尾をつかむためにジョーンズとダイアナを国際養子縁組で困っている新規顧客として、ドノヴァンの元へ送り込む。

やっぱり録音データをめぐってサラが登場し、ニールに嘘発見器を要求してきました。
あんな画鋲で嘘発見器を乗り切れるものなのか不思議でしたが、ニールはやってのけました。
金曜のカジノ潜入直前にまたやサラが現れてニールが逮捕されますが、ピーターの説得のおかげで何とか釈放されて計画が遂行できてよかったです。

ホワイトカラー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大