ブラックリスト キャスト一覧

シーズン1

レイモンド・“レッド”・レディントン

演:ジェームズ・スペイダー

FBIを始めとして、世界中の政府組織から追われる犯罪コンシェルジュ。
ある日突然FBIにやって来てわざと捕まり、新人の分析官エリザベス・キーンとしか話さないと言う。
無罪放免と引き換えに、ブラックリストにある犯罪者の名前を教えると取引を持ちかける。

エリザベス・“リズ”・キーン

演:メーガン・ブーン

新人のFBIプロファイラー。
FBI出勤初日にレッドから指名され、FBIのヘリが自宅に迎えに来る。
レッドとは何も関わりがないと本人は思っていて、やがて相棒のように一緒に事件に立ち向かうことに。

ドナルド・レスラー

演:ディエゴ・クラテンホフ

レッドを5年以上も追いかけていたFBI捜査官。
父が元警官だったこともあり、実直で規則に従って行動する。
ギャリックに撃たれたのをきっかけに、元フィアンセのオードリーとまた付き合い始める。

トム・キーン

演:ライアン・エッゴールド

リズの夫で小学校の教師。
リズに尽くす優しい夫の姿は見せかけで、床下に大金や偽名のパスポートを隠している。
レッドと敵対するベルリンのために仕事をしている。

ハロルド・クーパー

演:ハリー・レニックス

FBIテロ対策本部の副部長で、ブラックリストに対応しているチームのリーダー。
レディントンとの仕事に興味を持っていて、FBIのルールを逸脱することもある。
ベルリンのエージェントに殺されかけて危篤状態に。

ニュートン・”グレイ”・フィリップス

演:チャールズ・ベイカー

レッドの側近でボディガード。
レッドの命令で様々な仕事をこなしている。
ギャリックに家族を人質に取られ、レッドやFBIの情報を流していた。

ミーラ・マリク

演:パーミンダ・ナーグラ

CIA捜査官。
司法省副局長ファウラーの命令で、レッドのセキュリティ・チームに加わる。
2人の子供がいて情報網も広く、いつも沈着冷静で有能である。

ルリ・ツェン

演:デボラ・S・クレイ

レッドのボディーガードの1人。
金の管理も担当し、証券取引委員会の目をくらましている。
郵便局の箱を開けさせるため、ギャリックに人質に取られ頭を打ち抜かれてしまう。

デンベ・ズマ

演:ヒシャム・ターフィク

レッドが信頼しているボディーガード兼運転手。
元フリーファイターで忠誠心にあふれている。
ソロモンに孫を人質に取られ、捕らわれて拷問を受ける。

アラム・モジタバイ

演:アミール・アリソン

FBIの技術担当者で、コンピュータなどの扱いに長けている。
リズと親しくなり、規則では禁じられている情報を渡すことも。
ナヴァービに好意を持っていて、徐々に親密になる。

林檎を持った男

演:グレアム・マルコム

監視カメラを仕掛け、リズとトムの家を見張っている。

ジーナ・ザネタコス

演:マルガリータ・レヴィエヴァ

産業テロリストでトムの元恋人。
ハナー・グループに雇われ、ヒューストンの港を爆破しようと爆弾を発注する。
金が必要なトムは彼女の仲間と組んで仕事をするが、裏切られる。

ミスター・カプラン

演:スーザン・ブロンマート

レッドが雇っている掃除人で、犯罪現場や死体を片付けてきれいにしている。
レッドが拉致された時、リズの家を見張っていた男の死体を片付け、レッド発見に協力する。
レッド経由でリズの頼みをきき、検視することもある。

ジョリーン・パーカー

演:レイチェル・ブロズナハン

トムの小学校の代理教師。
トムとリズが上手く行っていないと知り、トムに誘いをかける。
トムと同じくベルリンに雇われていたが、トムに殺される。

ブリムリー

演:テディ・コルカ

レッドのサポートメンバー。
情報を引き出すプロフェッショナルで、拷問や巧みなスキルで相手の口を割らせる。
いつも酸素ボンベを引きずり、吸入器を付けている。

トム・コノリー

演:リード・バーニー

司法長官を目指しているクーパーの友人。
クーパーが病気になり、新薬の治験が受けられるよう手を回す。
治験の継続と引き換えに、クーパーに便宜を図るよう強要する。

ミロシュ・”ベルリン”・キルコフ

演:ピーター・ストーメア

レッドの敵で元KGB。
娘をレッドに殺され、復讐するためにレッドをじわじわと追い詰めていく。
護送機で入国し、手首を切り落として逃走する。

パヴロヴィッチ兄弟

演:ゴラン・イワノフスキ、ルネ・ジョニ、ジェームズ・ビベリー、Stivi Paskoski

4人のセルビア人兄弟の犯罪者集団。
誘拐や犯罪者を異国に逃がすなど、金さえ積まれれば引き受ける。
議員の娘を誘拐したり、CIA絡みの女性科学者誘拐、トムの誘拐もやっている。

シチューメイカー

演:トム・ヌーナン

本名はスタンリー・R・コーニッシュで歯科医。
薬品で死体を溶かして始末し、証拠を消し去る。
被害者の写真と歯を記念品にしている。

アンズロ・ギャリック

演:リッチー・コスター

傭兵集団を率いるリーダー。
レッドに恨みを持っていて、郵便局を襲撃する。
箱の中にいるレッドを狙い箱を開けるコードをしゃべらせるため、人質を1人ずつ殺す。

マデリーン・プラット

演:ジェニファー・イーリー

表の顔は実業家だが、世界的に有名な泥棒。
レッドに絵を盗みたいと頼み、レッドとリズをだます。
過去にレッドと付き合っていたこともある。

ダイアン・ファウラー

演:ジェーン・アレクサンダー

司法省刑事局長。
レディントン対策チームには否定的な態度を取っている。
結社のメンバーで、チームの情報を結社に流している。

アラン・フィッチ

演:アラン・アルダ

国家情報長官補佐で、結社のメンバー。
レッドと協定を結んでいて、レッドを危険視する他のメンバーを抑えている。
レッドがフルクラムを持っていないと見て、レッド暗殺命令を出し郵便局を襲わせる。

ウォルター・ゲイリー・ マーティン

演:ジェイソン・バトラー・ハーナー

FBI特別捜査官で、フィッチの部下。
ファウラー失踪事件の捜査中止をクーパーに言い渡す。
クーパーが撃たれた後、しばらく代理を務める。

サム・スコット

演:ウィリアム・サドラー

リズの養父でリズが4歳の頃から育てていた。
レッドの友達で彼に頼まれてリズを引き取る。
病気で入院中、レッドに枕で窒息死させられる。

マックス・ルディガー

演:ディクラン・トゥレイン

爆弾作りのプロフェッショナル。
ベルリンの指示で港に置いた車に爆弾を仕掛け、レスラーが車を海に沈めて被害を食い止める。
モローが国連ビル爆破のための爆弾を彼に作らせ、レッドの指示で解除する。

オードリー・ビドウェル

演:エミリー・トレメイン

レスラーの元婚約者。
レスラーが撃たれて病院に運ばれた時、緊急連絡先がオードリーだった。
再会後に付き合いが始まるが、マコ・タニダに撃たれて死亡する。

カウボーイ

演:ランス・レディック

レッドが雇ったバウンティ・ハンター。
ジョリーン・パーカーを探して見張るのが役目。
彼女の尾行中トムに見つかり、トムの隠れ家で殺される。

ニコ・デマキス

演:ジョセフ・シラヴォ

レッドの仕事仲間で友人。
ベルリンの部下ヴァルガスに取引を持ちかけられる。
レッドを裏切ってこちらに付けば仕事を回すと言われ指示に従うが、レッドに気づかれる。

シーズン2

サマル・ナヴァービ

演:モズハン・マーノ

イラン人のモサドのエージェント。
独自の方法でレッドを見つけ、レッドに気に入られてリズ達のチームに加入する。
テロで弟を殺されたと思っていたが、弟がテロリスト本人だった。

レヴェン・ライト

演:エイドリアン・レノックス

司法省刑事局長。
ファウラーが行方不明になり、後任を務める。
公正さを重んじていて、真実を追究しようとする。

エズラ

演:ハル・オズサン

レッドに雇われて、リズを密かに護衛している。
リズに見つかって問い詰められるが、同じモーテルに泊まっているだけだとごまかす。
リズがクリール医師の人質になった時、クリールを狙撃して命を救う。

ミスター・ヴァルガス

演:ポール・ルーベンス

レッドのサポートメンバー。
口が達者で相手をだますのが上手い。
見た目に反して動物をかわいがったり、血を見るのが嫌い。

局長/ピーター・コツィオパロス

演:デヴィッド・ストラザーン

CIA国家機密局の局長。
結社のリーダーでもあり、レッドがフルクラムを持っていないと見て暗殺しようとする。
リズがフルクラムを届けたため、レッドの暗殺を中止する。

シャーリーン・クーパー

演:バレリー・ペティフォード

ハロルド・クーパーの妻。
夫の病気を心配し、コノリーから頼まれ夫が拒否した仕事を代わりに実行する。
近所の男性と不倫していた。

マーティン・ウィルコクス

演:マイケル・コストロフ

刑事。
トムが殺してしまった港湾局員エイムズの捜査を担当。
リズが犯人だと決めつけ、事件を法廷に持ち込む。

サミュエル・アレコ

演:ダンテ・ネロ

マリクの情報屋。
リズがトムを監禁している船を管理している。
エイムズ殺害事件で警察に連れて行かれ自白するが、レッドと取引して自白を取り下げる。

レナード・コール

演:マイケル・ワックスマン

元CIAのエージェントで、フルクラムを作った。
フルクラムを解析できる唯一の人物。
フィッチが彼につながるヒントを残していた。

ニック・コーパル

演:ピーター・マレック

リズの元彼で外科医。
レッドが撃たれて治療していた医師も撃たれ、リズに呼ばれてレッドの治療をする。
レッドの正体を知っていて、処置のための金を要求する。

バズ

演:バゼル・バズ

レッドが雇っている傭兵部隊のリーダー。
工作活動から銃撃戦まで、幅広くこなす。
リズの監視や、警護をすることもある。

グレン・カーター

演:クラーク・ミドルトン

レッドのサポートメンバーで、人探しの達人。
陸運局で働いていて、順番がくるまでレッドは待っている。
いつもレッドに難癖をつけて仕事を断ろうとしたり、レッドとの口げんかを楽しんでいる。

ルーサー・ブラクストン

演:ロン・パールマン

CIAの極秘収容所に収監されている泥棒。
局長に雇われフルクラムの在りかを探し、収容所を乗っ取る。
リズを拉致し、眠っている記憶を掘り起こそうとする。

少佐

演:ランス・ヘンリクセン

ワケアリの少年少女をトレーニングして、スパイに仕立てている組織のリーダー。
トムも少年の頃スカウトされ訓練を受けて、誰にでもなりすますことができる。
ジーナにトムを殺すよう命じる。

キャット・グッドソン

演:ジャネル・モロニー

局長のアシスタントで、NCSとFBIの調整係。
CIAの機密収容所ファクトリーと、ブラクストンの情報をチームに流す。
局長の命令で、ファクトリーごと空爆する。

ロジャー・ホブス

演:ラルフ・ブラウン

億万長者で、不老不死研究所に出資している。
レッドが裏で手を打ち、FBIの手がホブスに回らないようにして貸しを作る。
レッドはホブスを使って、結社内の投票の裏工作を行う。

ケネス・ジャスパー

演:ジェームズ・A・スティーヴンス

結社のメンバー。
結社での投票で、レッドから局長に票を入れるなと説得されOKする。
裏でレッドを裏切り、局長に報告している。

ナオミ・ハイランド

演:メアリー=ルイーズ・パーカー

本名はカーラ・レディントンで、レッドの元妻。
証人保護プログラムを受けていたが、ベルリンに捕らえられてしまう。
レッドとの間にジェニファーという娘がいる。

ゾーイ・ダントニオ

演:スコッティー・トンプソン

ベルリンの娘。
レッドが人を使って探し出し、カフェで働いているのを見つける。
常連客となって仲良くなり、ベルリンの元へ連れて行く。

リチャード・デナー

演:ジョン・フィン

エイムズ殺害事件を担当する判事。
政府の力に屈することなく、正義を貫こうとする。
非公開でリズとクーパーから話を聞き、判決を下す。

シーズン3

マティアス・ソロモン

演:エディ・ガテギ

元CIAで結社の諜報員。
サディスティックで過激な方法を取り、情報を聞き出したり敵のアジトを襲撃する。
レッドとリズを執拗に追いかけ、デンベを拷問したこともある。

マーヴィン・ジェラード

演:フィッシャー・スティーヴンス

刑務所に入れられていた弁護士。
レッドが人質を取り、FBIに連れて来させて自由の身になる。
レッドの指示で、リズの無実を証明しようとしている。

ローレル・ヒッチン

演:クリスティーン・ラーティ

国家安全保障担当補佐官で、結社のメンバー。
FBI本部長代理のレスラーに、CIAと情報共有するよう指示する。
真相に近づいた友人のライトを銃で撃ち殺してしまう。

カラクルト

演:アンドリュー・ディヴォフ

ロシアのテロリストで、結社の暗殺者。
リズをハメて、テロリストに仕立て上げる。
クーパーの指示でトムが彼の弟と接触し、身柄を拘束してリズの無実を証明しようとする。

スーザン・“スコティー”・ハーグレイヴ

演:ファムケ・ヤンセン

夫とハルシオンという軍事会社を経営している。
リズとトムの結婚式を襲撃し、クライアントの要望でリズを誘拐するよう部下に指示する。
トムの実の母親。

ネズ・ローワン

演:タウニー・サイプレス

スコティーの元で働く工作員。
戦闘能力が高く武器情報にも詳しい。
リズ誘拐計画の一環として、わざとFBIに捕まる。

ザル・ビン・ハッサン

演:サミー・シーク

テロリストで、過去にモサド・エージェントを多数殺し、サマルも怪我を負った。
サマルの弟シャヒーンが爆死したテロを起こした。
イスラエルに軍事協力したアメリカの会社の従業員を誘拐する。

カタリーナ・ロストヴァ

演:ロッテ・ファービーク、ライラ・ロビンズ

ロシアの元スパイでリズの母、カークの妻でドムの娘。
レッドと恋愛関係になり、浮気していた。
レッドは彼女が死んだとリズに語るが、リズは生きてるのではと疑っている。

アッシャー・サットン

演:ピーター・ヴァック

カラクルトにつながる人物。
ロシア人マフィアに借金があり追われている。
トムが接触して親しくなり、相手のマフィアを殺してしまう。

ドミニク・ウィルキンソン

演:ブライアン・デネヒー、ロン・レインズ

カタリーナの父でリズの祖父。
人里離れた山小屋で1人で生活し、レッドは思い悩むことがあると彼の元へやって来る。
レッドのせいで、家族にも会えないと不満を持っている。

ロバート・ディアス

演:ベニート・マルティネス

上院議員でカークから資金援助を受けている。
レッドが彼を脅してカークを罠にハメるのに手を貸す。
後に大統領になり、クーパーの脅しでレッドの死刑執行を止めさせる。

リーバイ・シュール

演:オデッド・フェール

モサドでナヴァービの元恋人。
FBIの捜査に手を貸すこともあるが、国内で隠れてモサドの活動を行うこともある。
ナヴァービが拉致された時、重要なシステムを敵に渡す。

シーズン4

アレグザンダー・カーク

演:ウルリク・トムセン

本名はコンスタンティン・ロストフで、リズの父。
大富豪でマーシャが生きているとニュースで知り、スコティーに依頼してリズとアグネスを拉致する。
妻の浮気相手レッドに恨みを抱いていて、代々一家に伝わる血液の病気に苦しんでいる。

シンシア・パナベイカー

演:ディアドレ・ラヴジョイ

大統領顧問で、行方不明のレヴェン・ライトの後任。
司法省とブラックリスト・チームのパイプ役として調整している。
前任のファウラーやライトのように死にたくないと言っている。

エリース

演:アニー・ハイゼ

アラムのガールフレンドで、本名はジャネット・サザーランド。
ハッカーで犯罪組織つぐみのメンバー。
郵便局のシステムを乗っ取るため、アラムに近づく。

ジュリアン・ゲイル

演:エンリケ・ムルシアーノ

FBI捜査官でレスラーの友人。
過去にレスラーも所属していたレディントン対策班のメンバー。
ミスター・カプランが掘り出した遺体を担当し、レッドとリズを追い詰める。

ヘンリー・プレスコット

演:ジェームズ・カルピネロ

殺人やスキャンダルなど、トラブルを解決する名人。
レヴェン・ライトの遺体の始末も請け負った。
レスラーがヒッチンを事故で死なせてしまい、彼に後始末を頼むが脅される。

オデット

演:アンナプルナ・シュリラム

カークのために働く弁護士兼アシスタントで恋人。
カークがリズとアグネスに入れ込み過ぎなのを気にしている。
リズがカークの娘でないと分かり、殺そうとする。

ハンター

演:レオン・リッピー

撃たれて森に倒れていた瀕死のカプランを助けた男。
怪我の手当てをして食べ物などを与えているが、足かせで拘束する。
最終的にはカプランを解放し、デンベが現れた時にカプランに忠告の電話を入れる。

シーズン5

イアン・ガーヴェイ

演:ジョニー・コイン

連邦保安官で、トム殺害事件を捜査する刑事シングルトンのボス。
ダマスカスナイフでトムを殺した人物で、汚職を行っている。
トムが調べていた白骨入りのスーツケースを持ち去る。

ジョー・”スモーキー”・パットナム

演:マイケル・アロノフ

移動遊園地の管理者で、麻薬カルテルの金を横領し追われる身だった。
賞金稼ぎのレッドに捕まるが、レッドの計らいで裁判で自由の身となる。
レッドの商売を手伝うことに。

ヘディ・ホーキンス

演:アイダ・タートゥーロ

スモーキーの相棒で、彼と口げんかするのが日課。
レッドのおかげで刑務所行きにならずにすむ。
マネーロンダリングの知識も豊富で、レッドの新しい金庫番として雇われる。

ノーマン・シングルトン

演:エヴァン・パーク

トムの殺害事件を担当している刑事で、ガーヴェイの部下。
リズに執拗に付きまとい、トムの事件にリズが関係していると思っている。
警察内に汚職警官がいると知り、リズと協力して捜査し始める。

リリアン・メイ・ロス

演:フィオナ・ドゥーリフ

本名はジェニファー・レディントン。
レッドの娘でリズの異母姉妹。
ガーヴェイが面倒をみていたが、リズと知り合い協力してレッドが何者なのか探ろうとする。

ピート・マクギー

演:カール・ミラー

トムの依頼でニックがスーツケースの人骨の鑑定を頼む。
ニックが殺され、スーツケースと共に行方不明に。
彼の恋人とトムでピートの行方を探し始め、何者かに拉致される。

レナ・マーサー

演:アナ・ノゲイラ

ピートの恋人で看護師。
ピート探しをしようとして、ガーヴェイの手下に脅される。
トムの説得で協力することにし、トムとピートがレナ名義で作ったカードが使われたモーテルへ。

アンソニー・パグリアロ

演:レニー・ヴェニート

郵便局員だが泥棒。
郵便局の情報を使って留守宅を特定し、物を盗んで闇サイトで売っている。
レッドが仲間に引き入れ、新ビジネスを始める。

シーズン6

バスチャン・モロー

演:クリストファー・ランバート

プロの殺し屋で政治的思想を持つテロリストで、通称コルシカ人。
ハンス・コーラーが整形手術し、国連ビルを爆破しようとするが失敗する。
アメリカ国内で、ドイツの高官ジーグラーの暗殺を企む。

アナ・マクマーン

演:ジェニファー・フェリン

連邦政府司法長官代理で、ディアス大統領とも親しい。
ジーグラーの暗殺をモローに依頼し、機密文書を手に入れようとする。
早くレッドの死刑を執行したかったが、クーパー本部長が大統領を脅して死刑執行は中止に。

ロバータ・ウィルキンス

演:ベッキー・アン・ベイカー

レッドの裁判を担当する判事。
公明正大で偏見がない。
レッドが自分で弁護することになり、困らせられることもある。

マイケル・シマ

演:ケン・レオン

レッドを起訴した検事。
レッドと政府との免責合意は有効だとの判決が下る。
シマは逮捕時の銃は違法だと主張し、裁判が続行される。

ボンテ ・ジョーンズ

演:コイ・スチュワート

レッドが刑務所で一緒になった青年。
気弱だが愛想が良く、刑務所内の事情通。
レッドが必要なものを調達している。

サンドキスト

演:ベン・ホーナー

シークレットサービスで大統領の警護係。
マクマーンの一味で、凄腕のスナイパーでもある。
レッドやFBIよりも先に機密文書を回収しようと躍起になっている。

フランク・ブルーム

演:ブレット・カレン

レッドの古くからの友人。
レッドからカタリーナの居場所を探すよう頼まれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク