アンブレラ・アカデミー シーズン2 第1話~第5話 あらすじ

第1話 またふりだしへ

あらすじ・感想

ファイブは全員一緒の時代にタイムトラベルしたつもりだったが、着いてみると1人ぼっちだった。クラウスとベンは1960年、アリソンは1961年、ルーサーは1962年、ディエゴとヴァーニャは1963年で数ヶ月違いと、みんなバラバラになってしまう。

ファイブはアメリカとソ連が戦争していて、家族全員が戦っている。ヘイゼルがファイブに声をかけ、死にたくなかったら着いて来いと言われて従う。1963年11月25日、核戦争で世界の終わりがやって来ると話し、ファイブにカバンを渡す。

コミッションが追いかけてきてヘイゼルは死亡し、カバンは銃撃戦で壊れてしまう。男が窓からのぞいているのを見て、ファイブはその家に入り込む。男は窓から数回に渡り、路地に不思議な光と人間を見たとのこと。男はディエゴについて書かれてある新聞記事を、ファイブに渡す。

第2話 フランケルの記録

あらすじ・感想

ヘイゼルに頭を撃たれたハンドラーは実は生きていて、3ヶ月後にコミッションに復帰するが降格されてしまう。ファイブはルーサーと再会して世界の終わりが来ると告げるが、今は仕事もあるし関係ないと断られる。

その時、ヘイゼルがポケットに「フランケルの記録」という映像を入れていたことに気づく。シシーは夫カールをクラブへ迎えに行こうとすると、息子ハーランが本を読んでほしいとせがむ。

代わりにヴァーニャが迎えに行き、クラブの外で話しているところを偶然ルーサーが目にする。ファイブは映像の現像をエリオットに頼んでいると警察無線が聞こえて来て、ディエゴが療養所から脱走したと知る。

アリソンの夫が暴行で逮捕されて留置場へ。同じ留置場にクラウスがいて、シェイクスピアについて会話を交わす。

第3話 スウェーデンの三つ子

あらすじ・感想

1960年に着地したクラウスはベンの力を借り、カルトの教祖となっていた。若きハーグリーヴスに刺されたディエゴは、ライラに傷の手当を受ける。車を運転中のヴァーニャはコミッションの殺し屋スウェーデンの三つ子の攻撃を受け、とうもろこし畑に逃げ込む。

自分でも知らないうちにパワーを使い、殺し屋達は逃げて行く。エリオットは音波を探知したとファイブに知らせ、ファイブはヴァーニャの前に現れるが、彼女は記憶を失っている。ルーサーは顔の広い雇い主のジャックに頼み、アリソンの居場所を探してもらうことに。

アリソンはクラウスの家にやって来て、つかの間の再会を楽しむ。アリソンはレイモンドはいないが座り込みをやろうと提案し、みんなやる気になっている。警察でクラウスはベンに頼んで力を使い、レイモンドを釈放させる。

第4話 マジェスティック12

あらすじ・感想

第4話 マジェスティック12

1993年にライラの両親はコミッションに殺され、ハンドラーは子供だったライラを見つけて育て、コミッションの訓練を受けさせる。やがて大人になったライラはファイブを守れという任務を与えられる。

ヴァーニャはルーサーの部屋にいて、世界の終わりを引き起こしたのは自分だったことを知る。ジャックが部屋にやって来て、ルーサーとの契約は終わりだと告げる。

ヴァーニャもまた農場に帰ることに。ハーグリーヴスは領事館で開かれるパーティーに来るらしく、マジェスティック12の一員らしい。マジェスティック12とは、政府の組織だとのこと。

クラウスは叔父と食事するデイヴを見つけ、叔父が席を外した隙にデイヴに話しかける。戦争には行くなと説得するが、叔父が戻ってきてデイヴに命じ、クラウスは彼に殴られてしまう。

第5話 ヴァルハラ

あらすじ・感想

1962年、ポゴはハーグリーヴスとグレースによって様々な実験で能力を開花し、ロケットに乗って宇宙に出る。途中でトラブルがあり瀕死状態で戻り、ハーグリーヴスは何らかの薬を打つ。

ファイブはライラに疑念を持っていて、ディエゴは自分を助けなかったライラを信頼できなくなってしまう。クラウスはベンが止めるのも聞かず酒に溺れ始め、夫との生活が上手くいかないアリソンも一緒に飲み始める。

ベッドを共にしたヴァーニャとシシー。ヴァーニャは2人でどこか遠くへ行こうと話していると、予定よりも早くカールが帰って来る。ファイブはルーサーとディエゴに父親に会う機会を逃したとぶつぶつ言っていると、ルーサーが口を開く。

ルーサーはアンブレラ・アカデミーへ行ってハーグリーヴスと会ったが、辛辣な言葉で追い返されてしまった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク