ビッグバン・セオリー シーズン5 第21話~第24話

第21話 ホーキング博士に首ったけの法則

ハワードがホーキング博士の車椅子のメンテナンスをすることになり、シェルドンが博士に合わせてくれと大騒ぎしています。日頃からシェルドンはハワードのことをバカにしていて、ここぞとばかりに博士にシェルドンの論文を見せる代わりにいじわるをし始めます。

ハワードからすればシェルドンに仕返しできるいいチャンスがやって来たわけですから、これを逃さず楽しんでいました。シェルドンのコスプレ姿は大爆笑もので、細身のシェルドンは意外と似合っていましたね。

シェルドンもよほど博士に論文を渡してもらいたかったのか、文句も言わずにハワードの言いなりで、いつもとは立場逆転で面白かったです。

バーナデットはシェルドンがかわいそうとかばいながらも、自分の代わりにハワードママのショッピングにシェルドンを行かせてしまいます。思いやりがあって優しいバーナデットですが、使えるものは使おうとちゃっかりハワードに乗っかってシェルドンを上手くこき使っていました。

最後の頼みごとの「僕をほめて」というのがシェルドンに対する一番のお願いだったんでしょう。シェルドンには普段から悪気があってハワードをバカにしていたんじゃなくて、ハワードがやっている分野そのものを役立たずだと思っていたようです。

第22話 独身最後のパーティーの法則

ハワードの結婚式2週間前とあって、独身最後のお別れパーティーが開かれました。シェルドンはお得意の社会的慣習に則って、お酒を飲もうとするんですが、やはり口に合わなかったようです。おなじみのメンバーに加えてシェルドンと和解したウィル・ウィートンまでやって来て、なかなか華やかなパーティーでした。

スチュアートはかなりお金に困っているみたいで、レナードにパーティー代や駐車場代、ガソリン代まで借りていて、代々伝わる腕時計まで売ろうとしています。誰かが出したチップをそーっと自分のものにしているのも見逃せませんね。

それぞれがハワードへのメッセージをしゃべるんですが、ラージが爆弾を落としてしまいました。過去の暴露話をみんなの前で披露して笑いを取ったまではよかったんですが、出席者の誰かがそれをネットに上げてしまったんです。

バーナデットがこれを見て頭にきてハワードとけんかになってしまいます。女性陣がなだめようとしても全く効果なしでしたが、ハワードが謝りに来た時の伝言がとても素敵でした。

確かに初期の頃のハワードはキモいオタク丸出しでペニーも嫌っていましたが、バーナデットと出会ってから本当に変わりましたよね。結婚を前にして本人がそれに気づけたのも大きかったですし、無事に仲直りできてあとは結婚式を待つのみです。

第23話 ミッション・キャンセルの法則

ハワードの宇宙行きのミッションが中止になってしまって、さぞやがっかりしているかと思ったら大喜びしていました。そういえば、無重力訓練でハワードはかなりげっそりしていましたから、過酷な宇宙でやっていけるのか心配だったんでしょう。

ところが、土壇場でミッション決行で予定が早まってしまって、行きたくないハワードはバーナデットパパに止めてもらおうとしますが失敗してしまいます。結婚式目前でドタバタしてしまって、結局気乗りしないまま宇宙行きになりそうです。

レナードはペニーとまたもやギクシャクし始めて、シェルドンはエイミーのことで悩まされてしまいます。エイミーが関係を先に進めようとシェルドンの弱点を突いた巧妙な作戦で、シェルドンのハートをわしずかみにしてしまいました。

イチゴミルクやマリオのテーマ、大好きなフランクフルト入りのスパゲッティなどなど、シェルドンの好きなものを与えて手なずける作戦のようですね。最後のスタトレのコスプレは意外にも似合っていて、シェルドンがすっかりハマっているのがおかしかったです。

レナードもペニーと関係が進展しそうだったのに、いきなり結婚してくれと言ってしまってペニーを怒らせてしまいます。ペニーもはずみでレナードが言ったというのは解っているんでしょうが、前回別れた時の「愛してる」事件がありますから、気持ちを落ち着けるのに時間がかかるんでしょう。

これでダメになってしまうようなヤワなカップルじゃないでしょうから、またいい関係に戻って欲しいです。

第24話 最高の結婚式の法則

とうとうハワードとバーナデットの結婚式と宇宙行きの時が訪れました。ハワードがロケットの中で打ち上げの時を待ちながら、結婚式の回想をするという形で進んでいきます。

宇宙からハワードが帰って来てから結婚式の予定だったんですが、バーナデットがそれまで待てないと言い出して、内輪で式を挙げようと市役所へ行きます間に合わず、結局、出発前日にレナード達のアパートの屋上で式を挙げることになります。ラージのアイデアがさえていて、飾りつけもシンプルなのにお祝いムードいっぱいで、とても素敵な式でした。

牧師の資格はみんなネットで取ったみたいで、1人1人ハワード達にメッセージを送るんですが、あんまり祝っている感じじゃなくていつも通りだったのが笑えました。特にシェルドンはあれほどバーナデットにクリンゴン語はダメって言われていたのにクリンゴン語でスピーチしようとして、やっぱり止められてしまいました。

エイミーも楽しみにしていた介添え人のドレスが着られてちゃんと役目を果たせたし、シェルドンからもらったティアラを付けてとてもかわいかったです。花嫁のバーナデットはほんとスタイルが良くて、背がもっと高かったらモテモテだったでしょうね。

記念に残る式だったしビッグバン・セオリーらしくバタバタの急展開で笑いどころもちゃんと押さえていて、シーズン・フィナーレにふさわしい内容でした。

ビッグバン・セオリー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大