BONES (ボーンズ) -骨は語る- シーズン1 第1話~第4話

第1話 墓地の眠れぬ魂

グァテマラでの大量虐殺事件の調査から2ヶ月ぶりに帰国した法人類学者のテンペランス・ブレナン博士は、同僚のアンジェラにワシントンDCの空港で出迎えられた。ある捜査官が不法に人骨を持ち込んだ足止めしようとするがブレナンは彼を投げ飛ばして捕まり、捜査官は国土安全保障省の人間で、FBIのブース捜査官がやって来た途端に開放される。

ブースはブレナンにアーリントン国立墓地で見つかった腐乱死体の捜査に協力してくれと頼み、墓地の池の中の白骨を見せて了承してもらう。ブレナンはアシスタントのザックを呼んで白骨を引き上げ、その場で性別と大まかな年齢、テニスが趣味だったことを言い当て、詳しいことは研究所で調べることに。

ジャックの調べでは遺体は少なくとも2年は池に浸かっていて、蛙のような骨が一緒に見つかったとのこと。アンジェラは特許申請中の3Dホログラム映像で白骨の復元を行い被害者の身元はクリオ・ルイーズ・エラーで、ベツレヘム上院議員と不倫の噂があった女性だった。

クレオは議員の側近トンプソンと付き合っていてオリバーという男にストーカーされていて、この3人が殺人容疑者として浮かび上がる。

冒頭からアンジェラの下着見せシーンはインパクトがあってアンジェラらしい奔放さが感じられます。
ブレナンの堅物さも良く出ているしジャックの陰謀好きも初回から触れられていて、キャラの個性が良く現れていました。
びっくりしたのがブレナンに離婚暦があり、元夫ピーターがブレナンが寝ている間に家に忍び込んでテレビを持っていこうとしたことですね。

初回だけあってまだスクインツ達の性質は見えてきませんが、ボーンズというニックネームや、スクインツなんて呼び名は最初からだったんですね。
捜査中にはブレナンは無茶ばっかりして、DNA鑑定のために上院議員のガムを奪って乱闘になったり、ラストでは1人で犯人の元へ乗り込んでいって、かなり心配になりました。

魚というキーワードにピンと来て犯人が誰なのかを特定し、証拠隠滅を図ろうとしていた犯人を追い詰めたブレンアはお手柄でした。
まだぎくしゃくしているブースとブレナンですが、今後どう仲が進展していくのか楽しみです。

第2話 自爆テロリストの真実

混み合っているカフェの前で車が爆発しドライバーはアラブ系アメリカ人のコミット・マズルクだと予測され、テロの可能性があった。ブレナンは車の焼け焦げた遺体がマズルクかどうかを分析して身元を確定させてくれとの依頼を受け、国土安全保障省が見守る中、ラボで調査に当たる。

医療記録を取り寄せて骨の状況から判断し、ブレナンは遺体はマズルク本人だと確定する。ザックは頭蓋骨の復元を担当するが破片が小さすぎるとぼやいていると、ブレナンが骨を確認し骨組織が軟化しているのに気付く。

マズルクの弟にも皮膚疾患が出ていることから病気の線を疑うが何も出ず、毒物の可能性があるものの肝臓は焼け焦げていて検査できず、肉を取り除く時に使ったハラジロカツオブシムシを分析することに。ブースは担当者からマズルクの車の下に爆弾が仕掛けられていて、テロではなく爆弾で殺されたと聞かされ殺人として捜査を進めることに。

マズルクの妻サハールは不倫していて相手のラジャバルディをFBIに呼ぶが、彼は国土安全保障省が送り込んだスパイだと判明する。

ブースが弁護士テッサと付き合っていると知って、アンジェラが色々と探りを入れてまさか本人をチェックしに行くとは驚きました。
ジェファソニアンらしいプライベートな話題も見えてきて楽しかったです。
ジャックとザックが作っていた爆弾の模型は趣味の域を超えていて、かなり本格的でした。

ジャックの陰謀説はこの頃はまだ過激で、ブースのことまで政府の犬よばわりしていて良く思っていなかったんですね。
あの骨から肉をはがすのに使われた虫が何ともグロテスクで、タイじゃ炒めて食べるなんてジャックのジョークには乗れませんでした。

最後の犯人を特定してからの展開がスピーディーで緊迫感がありました。
頭蓋骨が彼そのもので、歩き方も毒物の中毒症状が出ているし、バッグには重たいものが入っていると主張するブレナンvs確証が得られるまでは撃てないというブース。

ブレナンは長年のプロとしての経験で確証があったのでしょうが、人の命を奪うことになるブースとしては、犯人の顔と爆弾を持っているのをちゃんと確認してからじゃないと、撃てなかったのでしょう。

第3話 木につるされた少年

ブースはブレナンとジャックと共に金持ちや要職に就く子供達の寄宿学校へ行き、木につるされた遺体の調査を行うことに。遺体はティーンエイジャーの少年で死後10日から14日ほど経過し、耳には人工内耳が埋め込まれていて製造番号から遺体の身元が判明。

少年はベネズエラ大使の息子ネストール・オリーボスで、少年の年齢では舌骨が折れているのはおかしいとさらに分析を進めることに。ネストールはルームメイトタッカーの別荘で休暇を過ごしメールが送られていたが、タッカーがネストールに頼まれて出したものだと証言する。

FBIは学校からの圧力で自殺か他殺かを決定しろと言っていてブレナンは他殺だと断言し、大使がブレナンを尋ねてきて真実を知りたいと訴える。ネストールの遺体からドラッグが発見され、そのせいで舌骨が折れた可能性があり自殺の線が濃厚となる。

ネストールの部屋から女の子キャムデンとベッドに入っているDVDが見つかり、学校側はこの手のDVDを没収して警察に渡していたとのこと。押収したDVDを確認してみるとタッカーとキャムデンの母が関係しているDVDが見つかり、タッカーはネストールがDVDを撮影して脅して金を巻き上げていたと言い出す。

冒頭の死体が落ちてくるシーンもなかなかグロかったですが、それよりも、ジャックの食べていた臓物スープの方が気持ち悪かったです。

今回は情に流されず科学的検知から正しい判断をしたいという、正義感あふれるブレナンの行動が素敵でした。
でも、ブースの捜査官としての経験や勘から、ネストールは自殺じゃないと粘って真実を突き止めた手腕はさすがですね。
ブレナンは無意識のうちにブースが人のしぐさや声色を読み取っていて、勘じゃなくて心理学的な検知だと言っていましたが、両方の言い分が当てはまっていて、いいコンビになりそうです。

プライベートでもスクインツ達の結束がだんだん固まってきた感じです。
みんなでブースの行きつけのお店で食事を食べたり、ザックが女性問題でみんなに相談しまくったりと、何となく仲間意識が高まってきたのが見ていて楽しそうです。

第4話 クマの中に残された証拠

ワシントン州でクマの遺体から見つかった人の手の写真から鑑定を頼まれたブレナンは若い男性のもので、ノコギリで切られた跡があると分析する。現地で調査を進める必要があり、ブースと共にブレナンも現地へ出張することに。町では手術などで腕を切断した者はおらず、行方不明になっているのは観光客の女性だけだった。

森の中を歩きながら手がかりを探しているとクマの糞を発見して研究所へ送り、ジャックの分析で死亡時期を特定することができた。また、ザックの調査で骨に歯型がついていて、ブレナンは画像を見て人の歯だと断定し、町の医師にプリオン病にかかったものはいないかと聞くが該当者はいなかった。

糞の中から人の皮膚が発見され、アンジェラはタトゥーを再現して被害者はアダム・ランガーだと判明し、レンジャーになりたいとシャーマンの指導を受けていた。シャーマンに話を聞きに行くと急に逃げ出してブースが後を追うが懐中電灯の電池が切れて引き返すしかなく、冷凍庫から謎の肉が見つかり、ラボへ送って何の肉か確認してもらうことに。

ジャックとザックの宅急便の女性の取り合いが楽しかったです。
ブレナンから何回か荷物が送られて来ますが、配達人の女性がとってもホットで、ジャックとザックの2人ともが彼女に夢中になってしまいました。

どっちが受け取るかで競争になり、結局彼女が最後に選んだのはアンジェラで、そうきたか!とひねりが効いていて楽しかったです。
ジャックもザックもアンジェラにはかないませんでしたね。

小さな田舎町のせいかブレナンはモテモテで、宅急便のチャーリーや保安官、地元の医師らから声をかけられていました。
そんなブレナンを守るかのようなブースはナイト役としてぴったりでした。
どこに行ってもブースとブレナンは相変わらずで、テンポがよくてユーモラスな会話も楽しめたし、さらにコンビとしての仲も深まったみたいです。

ブレナンも念願の銃を持たせてもらえましたが、今回は出番がなくて残念でした。
まさか、犯人を殴ったのがおまるだったとは気づきませんでした。

BONES (ボーンズ) -骨は語る-

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大