ビッグバン・セオリー シーズン4 第21話~第24話

第21話 ルームメイト協定、崩壊の法則

ルームメイト協定を持ち出したシェルドンがプリアにこてんぱんにやられてしまいます。いつもルームメイト協定で嫌な目にあっていたレナードでしたから、プリアの見事なバックアップでルームメイト協定を無効にできたのはよかったです。

すっかり落ち込んだシェルドンはペニーと共にガールズナイトに参加です。みんなの仲間入りをしたエイミーのはじけっぷりにシェルドンはビックリしていましたが、女性同士の友情を深めて堅物だったエイミーがほんとに楽しそうになったのはペニーやバーナデットのおかげですね。酔っ払ったバーナデットの姿もかわいかったし、シェルドンとエイミーのキレッキレのダンスも素敵でした。

エイミーの部屋に行ったシェルドンとエイミーがついにキスをしてしまいました。シェルドンは動揺していませんでしたしエイミーも酔っ払っていて全く覚えていなかったようで、せっかくの初キスがロマンチックなものじゃなかったのが残念です。

酔ったエイミーでもシェルドンの悩みに的確にアドバイスしていて、そのおかげでシェルドンが優位に立ててルームメイト協定も復活できました。シェルドンとエイミーの2人の関係がエイミーが望んでいた通りより深いものになったのに、肝心のエイミーがお酒のせいで何も覚えていなかったのは残念でした。

第22話 ダブルデートと潜入捜査の法則

ペニー、エイミー、バーナデットの女子会はすっかり当たり前になってきて、辛い青春時代を送ったエイミーは一番楽しんでいるみたいですね。バーナデットがプリアからダブルデートをしようと誘われて断ろうとするんですが、エイミーのアドバイスでバーナデットがスパイになる計画を立てます。

滑り出しは好調だったんですが、みんながバーナデットにあれこれ聞いてしまって、バーナデットがパニックになってしまいます。

ただ、スパイ作戦は案外上手く運んだみたいで、ペニーが3D映画に出て宇宙飛行士と付き合っているというのを聞いてレナードが動揺し、そんなレナードの様子にプリアが不満げでした。食事中にプリアがパスタを延々とフォークでクルクルしていたのがちょっと怖かったけど。

ダブルデートで家を追い出されたラージはシェルドンの家へ行きます。シェルドンったらラージが落ち込んでいるのに自分の3人用チェスの話ばかりで、紅茶を切らしているのにブイヨンを飲ませようとするのには笑いました。

後からちゃんとラージに付き合ってバーに行ったのは友情からではなく、ラージの治験薬に単純に科学的好奇心をくすぐられたせいだったようで、とんだ副作用があったのに大笑いしました。

第23話 婚約と心臓発作の法則

とうとうハワードがママにバーナデットとの婚約を報告します。でも、親がトイレに入っている時に人生に関わるような重大な報告をするなんて、ハワードももっとタイミングを考えた方がよかったんじゃないでしょうか。

ドア越しに婚約を伝えたとたんにママが倒れる音がしてハワードがドアに体当たりするんですが、跳ね返されっぷりがお見事でした。みんなも不思議がっていましたが、ハワードがどうやってママを病院まで運んだのかが気になります。

シェルドンは菌に感染するのを普段から怖がっています。ハワードのママが倒れたと聞いてみんな急いで病院に行こうとするんですが、シェルドンはとことん渋っていました。細菌の宝庫である病院のトイレに行くのさえ嫌がっていたのに、何と感染患者がいる隔離された病室に入り込んでしまって、自ら隔離されてしまったのには笑えました。

病院でペニーとプリアが仲良くなってしまって、当然盛り上がっているのはレナードの話題です。何を話しているんだろうと気になるレナードと、それに突っ込みを入れているラージの会話も楽しめました。

第24話 部屋交換と一夜のアクシデントの法則

どこもかしこもトラブル発生中で、結果は次のシーズンに持ち越しのようです。バーナデットが博士号を取れて就職も決まり、ますます立場が弱くなったハワードは博士号ネタでいじられまくりでした。

親にまでからかわれて、バーナデットの成功を祝いたくても心に引っかかるものがあったんでしょう。そこに高価な時計をプレゼントされたから、余計に自分に自信が持てなくなってけんかに発展したんだと思います。

レナードとプリアも上手くいっていてラージと部屋を交換して同棲ムードで幸せいっぱいだったのに、プリアの親からインドへ帰ることを聞かされてレナードもショックだったと思います。

ラージもレナードとプリアのいちゃいちゃぶりに耐え切れず、レナードの部屋で暮らすことになります。当然シェルドンと同居することになり、めんどくさい一時滞在のルームメイト協定にサインしていました。シェルドンもこういうところはきっちりしていて、完全にレナード代わりにしようとしていますね。

でも、ラージがあんなにお料理上手だったとは驚きです。シェルドンも大満足で、ペニーがやって来て大盛り上がりしていました。ワインが進んでしまって、ペニーとラージが一夜を共にしたのにはビックリしました。飲みながらペニーはレナードと別れなければよかったと後悔していたみたいだから、こんな展開になるとは予想外でした。

ビッグバン・セオリー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大